autoc-one.jp 記事・レポート 特集 86カスタマイズ トヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM’S ~86になんとスーパーチャージャーを搭載!~ 2ページ目

トヨタ86 カスタマイズ大作戦 with TOM’S 2013/1/25 17:20

トヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM’S ~86になんとスーパーチャージャーを搭載!~(2/2)

トヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM’S ~86になんとスーパーチャージャーを搭載!~

取り付け終了! その姿は…、めちゃめちゃ“メカ”やんか~!!!!

トヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'Sトヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'S

開発目標馬力は250PS(ノーマル比+50PSアップ)、目標トルクは26kg(ノーマル比+5,0kgアップ)、軽量スポーツカー86には必要にして充分な目標値!数字を聞いただけで胸が高鳴るのはナゼ?何故なの?教えてお爺さん、教えて御殿場(トムスデザインセンターがある場所)の森の木よ~♪

……アホなことを言っている間に、純正部品の取り外しから取り付けまで、作業はサクサク進んでいました(汗)。

ご存知のとおり86のエンジンルームはそもそもとてもタイトに設計されています。そこにスーパーチャージャーを押し込むワケですから、純正部品との隙間が5ミリもない場所もあるとか(よってスーパーチャージャー装着の際は、前回装着したアッパーロッドが使用できなくなりますので、今回涙のお別れをしました)。

トヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'Sトヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'S

従って、純正部品との熱対策+干渉対策は万全になされなくてはなりませんが、さすがトムス。最高峰モータースポーツで長年得たノウハウをバシバシ投入し、万全の養生がなされていますよ。このあたりにレース屋さんとしてのノウハウ、技術が光ります。う~ん、さすが熟練の技、熟練の開発!

さらに言うならインタークーラーを純正部品と挿げ替え、インテークマニホールドをどかしてスーパーチャージャーに付け替えるというリプレイス作業なのに加え、スーパーチャージャー自体が中空構造ということもあり、車重の変化がほとんどない、というのも嬉しい設計ですね。

せっかくのライトウエイトスポーツカーは、あんまり無駄に重くしたくないですからね(それでなくてもオートックワン号はてんこ盛り気味ですしね)。

そんなこんなで装着が無事終わったオートックワン号のボンネットを覗き込んでみれば……

『おお~!!!めちゃめちゃ“メカ”やんか~!!!!(感涙!!!)』

まぶしいほどの輝きとともに鎮座まします白金色のスーパーチャージャー様は、間違いなくメカ好き・機械好きのハートをドキュンと射抜く存在感をぽわわわ~んと醸しているではございませんか。

こ、こんなエンジンルームだったら、駐車場でエンジンを開けたまま停車したりしちゃったりして、みんなに見てもらいたいくらい~!出来ればこのまま走ってドヤ顔で自慢したい~。いっそのことボンネットカバーをスケルトン加工にするのはどないなのん?もういっそのことむき出しでエエんちゃうん?!

……失礼致しました、あまりのカッコ良さに倒錯しました。

こんな見た目で乗り味が面白くないワケがないので、高鳴る胸を抑え、早速試乗をしてみました。

トヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'Sトヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'Sトヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'Sトヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'Sトヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'S
トヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'Sトヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'Sトヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'Sトヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'Sトヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'S

いかつい排気音に変化しながらも、燃費低下は1割以下

トヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'Sトヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'S

さすがスーパーチャージャー、とても低い回転数からぶわっとトルクが膨らむ感じを、乗り出しからイキナリ実感出来ます。もともとエンジン排気量の少ない86は、ノーマルだと低速トルクに物足りなさを感じることもあるのですが、スーパーチャージャー装着後はノーマルの踏み代でうっかりアクセルペダルを踏んでしまうと、身体がギュンとシートに押しつけられるくらいのGが生まれてきているのを実感します。

とにかく低い回転域のほうが獰猛にトルクが持ち上がりますので、ちょっと怖いくらい。駐車場から一般道に出る時など、ハンドルを切りながらアクセルを軽く踏んだだけでスピンしそうなくらいのパワーが出されていました。

その分スピードに乗ってくるとかなり機敏でスポーティーなドライブが楽しめます。レーンチェンジ、峠の登坂時の再加速だけでも抜群の加速性。

それに特筆すべきは増幅されたイカツい排気音!キンキンと金属を共鳴させたようなサウンドに変化していました。

気になる燃費ですが、実はノーマルに比べ、1割も低下しないのだそう。

トルクが太くなった分、一旦スピードに乗せてしまえばあとは少しのアクセル開度でクルーズすることが出来るので、案外エコドライブにも有効だと言うのです。

また、ノーマルではピストンを冷却するためにガソリンを多めに噴出する制御がなされているのですが、トムスのスーパーチャージャーキットに含まれるコンピューター書き換え作業では出力を上げると同時に、燃料をノーマルよりも薄く噴射するように調整するため、こちらも結果的に省燃費に繋がっているとのこと。ふむ、直噴+過給。コレは欧州で流行している省燃費型エンジンと奇しくも同ベクトル、ということになりますね。

プロトタイプでも十分期待値MAX!なトムスのスーパーチャージャー。これからテストなどを繰り返し、さらに精度を上げていくそう。

「街乗りでもストレスのない上品なスーパーチャージャーを期待して下さい」とのことですから、私が試乗したフィールよりももっと洗練されてゆくのでしょう。

年内の発売、待ちきれませんね!

トヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'Sトヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'Sトヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'Sトヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'Sトヨタ86 カスタマイズ大作戦 その6 with TOM'S
筆者: 今井 優杏

トヨタ 86 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ 86 の関連記事

トヨタ 86の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ 86 の関連記事をもっと見る

トヨタ 86 の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22