autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 限定100台・648万円の86に応募が殺到!「トヨタ 86 GRMN」サーキット試乗&工場見学レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/5/5 10:24

限定100台・648万円の86に応募が殺到!「トヨタ 86 GRMN」サーキット試乗&工場見学レポート(2/4)

関連: トヨタ 86 Text: 山本 シンヤ Photo: 茂呂幸正・山本シンヤ
限定100台・648万円の86に応募が殺到!「トヨタ 86 GRMN」サーキット試乗&工場見学レポート

ルーフはカーボン製でリアシート無しの2シーター化

トヨタ 86 GRMN

エクステリアは専用のフロントスポイラー、バンパーサイドスポイラー、リアウイング、リアバンパー&ディフューザーなどをプラス。

どれも奇を狙った物ではなくシンプルなデザインをしているが、全て風洞実験やCFD(流体解析)、ニュル24時間での実戦テストで検証を行なった“機能部品”である。

ボンネットフードやフェンダーガーニッシュは、冷却効率を引き上げる効果も。

トヨタ 86 GRMN
トヨタ 86 GRMNトヨタ 86 GRMN

車体の高い位置にあるボンネット/ルーフ/トランクはカーボン製。クォーター&リアウィンドウはポリカーボネート製が採用されており、リアシートレスの2シーター化などによって軽量化が図られている。

このボディに、86のウィークポイントと言われているトランク周りに金属パネルやVブレース、リアエンド部に減衰機構付きパフォーマンスロッド、アンダーフロア前後にブレースなどを効果的にプラスすることで、ねじり剛性/横剛性が共に大きく引き上げられている(ノーマル比約1.8倍)。

ちなみに車両重量は1230kgとノーマルと変更はないが、これは軽量化分をボディ補強分に費やしたためだ。

体幹を鍛えたボディには、KYBと共同開発した低フリクション化されたダンパーに高強度・軽量スプリング、強化スタビライザーを採用。リアコントロールアームはピロボール式だ。

タイヤはブリヂストンで、専用開発のポテンザRE71R(フロント・215/40R17、リア・235/40R17)。

ホイールはレイズと専用開発された軽量高剛性の鍛造アルミ、ブレーキはアドヴィクス製のモノブロックキャリパー(フロント6ポッド/リア4ポッド)&大径ディスクが奢られている。もちろん電動パワステのチューニングも専用チューニングだ。

チューニングされたエンジンにより馬力、トルク共に向上

トヨタ 86 GRMN

エンジンはメーカー系モデルとしては初となるNAメカチューンユニット「FA20-GR」を搭載。専用の吸排気系(エアインレット&エアクリーナー、可変式のインテークマニホールド、等長エキゾーストマニホールド、センター出し可変マフラー)や専用ECUはもちろん、エンジン内部のムービングパーツ(軽量ピストン&低張力リング、抵抗低減のクランクシャフト)、なども採用。

段付きのないレスポンスやフィーリング向上のみならず、絶対的なパフォーマンスもノーマルの200ps/205Nmから219ps/217Nmへと向上。

ドライブトレインは、エンジンとのバランスを考え1/2速を3速に近づけたクロスレシオの6速MTに中空ドライブシャフト、4.1→4.3に変更されたファイナル(高トルクバイアスレシオトルセンLSD付)の組み合わせだ。

トヨタ 86 GRMN

インテリアは運転環境を整えることをテーマに、シートはレカロスポーツスターをベースにした専用チューニング品(アルカンターラ張り)、ステアリングはφ360&専用形状グリップ形状の専用品が奢られる。

その他、アルカンターラ表皮のシフトノブ&サイドブレーキ、専用メーター(ホワイト)や赤色シートベルト、専用インパネなどでコーディネイトされている。

トヨタ 86 GRMNトヨタ 86 GRMNトヨタ 86 GRMNトヨタ 86 GRMNトヨタ 86 GRMN

トヨタ 86 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ 86 の関連記事

トヨタ 86の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ 86 の関連記事をもっと見る

トヨタ 86 の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26