autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート [TOYOTA 86 x 飯田章 x 飯田裕子] あきら vs ゆうこ“86 バトルロワイアル”vol.1 4ページ目

試乗レポート 2012/6/11 21:27

[TOYOTA 86 x 飯田章 x 飯田裕子] あきら vs ゆうこ“86 バトルロワイアル”vol.1(4/4)

関連: トヨタ 86 Text: 飯田 裕子 Photo: 茂呂幸正
[TOYOTA 86 x 飯田章 x 飯田裕子] あきら vs ゆうこ“86 バトルロワイアル”vol.1

乗れば乗るほど好きになっていくクルマ「86」

飯田章氏の愛車「86 水戸納豆 AT号」
飯田章氏の愛車「86 水戸納豆 AT号」飯田章氏の愛車「86 水戸納豆 AT号」

というわけで外装、足回り系にブレーキ、シートにナビ…。それらが現段階の水戸納豆レーシングAT号のカスタマイズ状況。身内が言うのもなんですが、理由を聞きながら見てまわるとセンスはなかなか良いのではないかという印象を抱きます。

そして今後の展開を聞くと、後席シートもBRIDEに変更することは決まっており、さらにもうちょっとやるならスバルのライトに替え、フォグランプを全部取り外し、そこにLED入れたり、他にもオイルクーラーを入れたいのだとか。

AT号はあくまで通勤快速仕様だから上品に。一方のMT号はもう少しヤンチャなクルマに仕上げつつ、ドリフトからサーキットのサンデーレースまで使えるような走りに徹したクルマに仕上げていく予定だそう。

章氏の86に対する印象は、「扱いやすさが一番」と言います。最近のクルマにしてはコンパクトであり、乗りやすさや見切り、視界がいい。まわりには凝りすぎたスポーツカーが多い中で装備がシンプルだから操作もシンプルにできる。

だから誰でもが入り込みやすいのではないかと言い、それは私もまったく同意見。だから女性でも乗れるモデルだと思えるのです。

「86って乗れば乗るほど好きになっていくクルマなんだろうね」というと、「そうそう」と章氏。

ニュルでLFAを走らせてきた後、鈴鹿でこの86で走った章氏にとってパワーは物足りなく、さらにコンピュータ制御が厳しく、現段階では街乗り中心+αとして考えたら割り切れる扱いやすさと楽しさが気に入っている理由だと言います。

好きになれるクルマと付き合えるということがとても大事

(左)飯田裕子さんと86・オートックワン号/(右)飯田章氏と86・水戸納豆AT号86 オートックワン号

「窓越しに見える景色はドライビングポジションだけでなくハンドリングでも変わる。そういう意味じゃミニバンから見える世界とは大違い。クルマっていいなぁ、クルマに乗るのって楽しいなぁ、って改めて感じさせてくれるクルマが登場したなって思うよね。なんて、86の良さをボクらが言うのは押し売りみたいに聞こえちゃうかもしれないけどね」

というのは様々なタイプのクルマを乗ってきた章氏の本音であり、それには私も大きく頷けるのでした。

「スタイルも凄くカッコイイわけじゃないけれど、さらにちょっとイジるともっとカッコよくなる、所有する楽しさが久々にあるクルマだ」と言います。自分で買って乗ってみると期待以上に気に入り、今はこのAT号ばかり乗っているのだとか。

撮影中にその様子を眺めながら二人で話をしていたときにも「こうやって見ると、ますますカッコイイなぁって思えるよな~」と自我自賛。でもそういうクルマと付き合えるということがとても大事なんだと思います。

章氏のようにイッキにアレコレ変更するのではなく、付き合いながら少しずつお互い(クルマとドライバー)が変化していける楽しさもあるのではないでしょうか。一方では自分で購入したからこそ知るカスタマイズの限界もあり、これからさらにそれを模索して行きたいのだとも章氏は言います。

こうなるとMT号の変貌ぶりも身内ながら他人事として楽しみだったりもして。

・・・と、今回はあくまで序章ということで、終始和気あいあいというカンジでしたが、オー トックワン号もこれからカスタマイズする大計画があるとの事。

そのオートックワン号と章氏の86で次回こそは、バトルをしたいと思っています。

どんなバトルになるかは、次回をお楽しみに!

筆者: 飯田 裕子

トヨタ 86 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ 86 の関連記事

トヨタ 86の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ 86 の関連記事をもっと見る

トヨタ 86 の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26