autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 今月末にも量産車の自動車線変更に国交省が許可の見通し! 2ページ目

自動車評論家コラム 2016/1/10 00:06

今月末にも量産車の自動車線変更に国交省が許可の見通し!(2/2)

関連: テスラ Text: 桃田 健史
今月末にも量産車の自動車線変更に国交省が許可の見通し!

後方にミリ波レーダーがない!?なのにの自動車線変更

テスラ モデルS

さらに驚いたのが、装着されているセンサーの種類だ。

前方に向けては、単眼カメラ。これは、GMや日産など大手自動車メーカーの多くが採用しているイスラエルのモービルアイ社の画像認識技術を応用している。「テスラ社内の自動運転専門の開発チームとモービルアイがソフトウエアを共同開発した」という。

そして、フロントパンパ―の中央に、スウェ―デンのオートリブ社のミリ波レーダーを装着している。

さらに、フロントバンパーとリアバンパーに、超音波センサーがある。これは自動駐車でも使うもので、日本車でも装着するクルマが増えている。

これだけの装備で、あれだけ大胆でスムーズな自動車線変更を実現していることが、ビックリなのだ。

日本車のみならず、欧米の大手自動車メーカーの場合、クルマの後方周辺の状況把握に、ミリ波レーダーを採用していることが多い。これを使って、「ブラインド・スポット・ワーニング」をしている。

一方のテスラは、クルマの後方周辺を、超音波センサーのみで把握しているという。その技術詳細については今回聞くことができなかった。

テスラ モデルS

試乗の翌日、スバル「アイサイト」の供給元である日系大手自動車部品メーカーの幹部技術者に、「モデルS」の自動車線変更の体験を話したところ、「いったいどうやっているのでしょうね? かなり思い切ったやり方だと思います」と驚いた様子だった。

さて、日本での「モデルS」簡易自動運転についてだが、実はすでに販売されている車両の多くに単眼カメラ、ミリ波レーダー、超音波センサーは装着済みだ。正確には、日本向けのデリバリーが始まった2014年9月から約3ケ月間の初期車を除いて、装着されている。

今月末に国土交通省からの許可が正式におりた場合、それ以降に車載器へ通信によって簡易自動運転のソフトウエアを、それぞれのユーザーが自分でダウンロードすれば、日本国内でもテスラの簡易自動運転車が乗れることになる。

[Text:桃田健史]

筆者: 桃田 健史
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

テスラ の関連記事

テスラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

テスラ の関連記事をもっと見る

テスラ の関連ニュース