autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【ahead×オートックワン】-ahead 5月号- 岡崎五郎のクルマでいきたい『テスラ モデルS』

特別企画 2013/6/28 11:38

【ahead×オートックワン】-ahead 5月号- 岡崎五郎のクルマでいきたい『テスラ モデルS』

関連: テスラ
【ahead×オートックワン】-ahead 5月号- 岡崎五郎のクルマでいきたい『テスラ モデルS』

EVのパイオニアが開く第2ステージ

テスラ モデルS
テスラ モデルSテスラ モデルS

IT企業を興し巨額の資産を築いた実業家、イーロン・マスクが2003年に立ち上げたEVメーカーがテスラ・モーターズだ。

2008年にデビューしたテスラ・ロードスターもそれなりの話題を集めたが、同社の2番目のモデルであるモデルS、テスラのいままでの活動が単なるウォーミングアップに過ぎなかったと思えるほど、大きなインパクトを秘めている。全長約5mという大柄なボディながら、前後を大胆に絞り込んだルックスはクーペのようにエレガント。インテリアの新鮮さも圧巻だ。ダッシュボードにあるボタンはハザードランプとグローブボックスオープナーの2つのみ。残りの操作はすべてセンターコンソールに配置した17インチのタッチ式液晶パネルを使って行う。

他の自動車メーカーを驚愕させたのが性能と価格だ。モデルSには40kWh/60kWh/85kWhという大中小3種類のバッテリーが用意され、カタログ上の航続距離はそれぞれ250㎞/370㎞/480㎞。小バッテリーでも日産リーフ(24kWh)の約1.7倍。荒っぽい運転をしてもカタログ数値の半分は確実に走るし、アダプターを使えば日本の急速充電器からの充電も可能。85kWhモデルを選べば、既存のEVでは考えられなかったような使い方ができる。それでいて、ベースモデル(40kWh)の北米価格は約6万ドル。85kWhモデルでも8万ドルを切っている。

テスラ モデルS

試乗したのは85kWhのバッテリーに416ps!のモーターを組み合わせたトップモデル。ポルシェ911の4.6秒を凌ぐ4.4秒という0-100㎞/h加速は強烈そのものだが、一方で通常走行時はジェントルそのもの。しなやかな乗り心地と軽快なフットワークを生みだすエアサスペンションの実力も予想以上だった

日本での価格はまだ未定だが、ポルシェやメルセデス、BMWに乗っているようなオーナーがモデルSに熱い視線を注ぐのは間違いないだろう。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

テスラ の関連記事

テスラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

テスラ の関連記事をもっと見る

テスラ の関連ニュース