autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 スズキ 新型クロスビー最新情報|価格176万円から!1Lターボ搭載のコンパクトSUVが12月25日発売開始!

新型車解説 2017/12/25 10:30

スズキ 新型クロスビー最新情報|価格176万円から!1Lターボ搭載のコンパクトSUVが12月25日発売開始!

スズキ 新型クロスビー
スズキ 新型クロスビースズキ 新型クロスビースズキ 新型クロスビースズキ 新型クロスビー画像ギャラリーはこちら

スズキ クロスビーとは?新型コンパクトSUVがスズキから登場!

2017年10月27日から開催された東京モーターショーで初お披露目された、スズキの新しいコンパクトSUVであるXBEE(クロスビー)。その完成度の高さから発売も時間の問題と思われていたが、早くも発売と相成った。

>>モーターショー会場、スズキブースの様子はこちら

新型クロスビーは、軽乗用車であるハスラーのイメージを踏襲したデザインに目が行くが、スズキでは「小型クロスオーバーワゴン」という新ジャンルを提唱し、広い室内空間のワゴンとSUVらしい逞しさと力強さを融合させた。5ナンバーフルサイズではないにもかかわらず、全長5mクラスの車両と同等の室内長を実現するなど、見た目以上の広さを持ち合わせている。

搭載されるエンジンは、すでにスイフトやバレーノに搭載されている1リッターターボのK10C型に、マイルドハイブリッドを組み合わせた新設計。1.5リッター並の高出力と高トルクを実現しながら、スイフトやバレーノの20.0km/Lを超える22.0km/L(2WD車)という低燃費を実現した(JC08モード)。

スズキ 新型クロスビーは2017年12月25日発売開始

クロスビーの発売日は2017年12月25日と年末も押し迫った時期となるが、既に販売店サイドでは先行受注を受け付けており、年内納車分はほぼ埋まっていると考えてよいだろう。

発表発表直前の12月の段階では納期は1カ月半~2カ月ほどとの情報だったが、2017年秋デビューのスイフトスポーツが2017年末の時点で来春以降の納車となっている状況をみると、今後大幅に納期がかかる可能性もある。

スズキ 新型クロスビー

スズキ 新型クロスビーの価格は176万円から

スズキ 新型クロスビー、気になる価格は1,765,800円からと、このクラスの車両としては少々お高め。しかし、全車ターボ+マイルドハイブリッドのエンジンに6速ATが組み合わされるため、内容を考えれば妥当とも言えそうだ。

ボディカラーは2トーンや3トーンが用意されるが、こちらは税込み43,200円高で、モノトーンのピュアホワイトパールは21,600円高となる。

また、全方位モニター用カメラパッケージは税込み45,360円高だが、これを使用するには対応ナビが必要となるため、トータルで20万円ほどになる計算だ。

コンパクトSUVのクロスビーでは検討するユーザーが多そうな4WDモデルは約14万円高となるが、4WDにはぬかるみなどでの発進をサポートするグリップコントロールや、急な下り坂で車速を制御するヒルディセントコントロールが装備され、スポーツ、スノーと走行モードが選べるようになる。

スズキ 新型クロスビーは“ハスラーワイド版”ではなかった!?

▼左:新型クロスビー 右:イグニス

スズキ 新型クロスビースズキ イグニス

スズキの小型車というと、過去に存在したワゴンRワイドやジムニーワイドのように「軽自動車をベースに普通車に仕立てた」イメージが未だに根強いため、クロスビーもハスラーを普通車に仕立て直したものと思われる方もいるかもしれない。しかし、クロスビーのベースは普通車のイグニスとなっており、軽自動車を無理矢理拡大したようなアンバランスさは皆無となっている。

なお、イグニスとはホイールベースや最低地上高は同一ながら、全長が60mm、全高は110mm拡大されており、高められた全高は室内空間の拡大とヒップポイントを上げて見晴らしのよいアイポイントの実現に貢献している。

スズキ 新型クロスビーのボディサイズ比較
スズキ 新型クロスビースズキ スイフト(2WD)スズキ イグニス
全長3,760mm3,840mm3,700mm
全幅(車幅)1,670mm1,695mm1,660mm
全高(車高)1,705mm1,500mm1,595mm
乗車定員5人5人5人

ユーザーの前評判は良好

余談ではあるが、クロスビーの高橋正志チーフエンジニアの話では当初はスイフトベースを検討しており、イグニスベースでは小さすぎるのではないかと危惧していたそうだが、東京モーターショーで「このサイズを待っていました」という声を聞いてようやく安心できたという。

スズキ 新型クロスビーのデザインを徹底チェック

左:クロスビー 右:ハスラー

新型クロスビーの外装デザインはハスラーとどこが違う?

新型クロスビーの外装デザインは、言うまでもなくハスラーのデザインを落とし込んだものだ。しかし、ハスラーと共有しているパーツはほぼ皆無であり、軽乗用車の枠にとらわれない仕上がりとなっているが、これはデザイナーが最初にデザインしたスケッチがほぼそのまま実車になっているという。

フロントマスクもヘッドライトの形状やグリルはハスラー風だが、横からみるとハスラーに比べてかなり抑揚が付けられていることがわかる。リアも同様に抑揚がつけられ、反射板がバンパー埋め込みになるなど、ハスラーとは異なるイメージとなっている。

>>画像でクロスビーとハスラーをじっくり見比べる

スズキ 新型クロスビースズキ ハスラー

そして一番大きく異なるのがサイドシルエットだ。後端に行くほど上に上がるシャープなイメージのベルトラインや、ドアの下部に備わるスプラッシュガードによるアクセント、6ライトとなったサイドウインドウなどで差別化を図っている。このサイドシルエットはハスラーというよりも、2013年に東京モーターショーに登場したハスラークーペのイメージに近いかもしれない。

用意されるボディカラーは全11種。内訳はモノトーンが3種類、2トーンが6種類、スプラッシュガードの色を変えた3トーンが2種類となり、2トーンに用意されたラッシュイエローメタリック(ブラックルーフ)とキャラバンアイボリーパールメタリック(ホワイトルーフ)が新色だ。

>>ボディカラー全11色を画像で見る

新型クロスビーの内装は力強さと遊び心が満載

スズキ 新型クロスビースズキ 新型クロスビー

新型クロスビーの内装は、上質さの中に遊び心をプラスし、所有欲をかきたてるガジェット感を前面に押し出したものとなった。基本的なレイアウトはベースのイグニスよりもハスラーに近くなっており、フロアシフトだったイグニスに対してクロスビーはインパネシフトとなっている。

収納スペースはハスラーよりも大幅に増えており、500ml紙パック飲料も収納できるインパネドリンクホルダーや、ボックスティッシュも収納可能なインパネトレー、充電しながらスマホなどの電化製品を収納できるインパネセンタートレイやセンターポケットなどが用意された。

また、シートにはボディカラーに応じてイエロー、オレンジ、アイボリーのカラーアクセントが施されるほか、上級グレードにはカラーパイピングも追加され、シート表皮も撥水加工がなされたものになる。

スズキ 新型クロスビースズキ 新型クロスビー

荷室は5名乗車の状態で35Lのキャリーバックなら5個、9.5インチのゴルフバッグなら3つ積載することが可能で、必要に応じてリアシートをスライドさせて荷室を拡大させることも可能。通常時は124Lの荷室だが、後席を倒せば520Lのフラットなラゲッジスペースが生まれる。

また、ラゲッジ下にも大容量アンダーボックスを備えており、ラゲッジボードを外せば背の高い観葉植物やベビーカーを立てて収納することも可能となっている。さらに荷室にはユーティリティナットを取り付ける穴が用意されており、さらなる荷室のアレンジをすることもできる。

スズキ 新型クロスビースズキ 新型クロスビーのメーターパネル

メーターは220km/hスケールのものが装備されるが、これは輸出の予定があるから……ではなく、イグニスのメーターをベースにしているため。ただ、光が反射するとクロスビーが現れるなど、クロスビーならではの遊び心がちりばめられている。

燃費22.0km/L!新型クロスビーはマイルドハイブリッドを搭載

スズキ 新型クロスビー

前述のようにすでにスイフトやバレーノに搭載済の1リッターターボのブースタージェットエンジンにマイルドハイブリッドを組み合わせることで、スイフトやバレーノの20.0km/Lを超える22.0km/L(2WD車)を実現した。4WD車においてもスイフトを超える20.6km/Lとなっている(JC08モード)。

ベースとなったK10C型エンジンはスイフトと同じく73kW/150N・mを発生し、排気量のダウンサイジングだけでなく、エンジン本体の小型軽量化も実施しており、ターボチャージャーを含んでも1.2リッターエンジンとほぼ同等のサイズ、重量を実現した。また、スイフトやバレーノよりコンパクトなボディサイズに対応するために、ラジエータやインタークーラーのレイアウトを見直している。

マイルドハイブリッドのシステムはイグニスやソリオに搭載されたものと同等で、モーターのみでの走行はできないものの、減速時のエネルギー回生やアイドリングストップ後のエンジン再始動をISGが行い、無駄な燃料消費を抑制。さらに最長30秒間のモーターアシストによってエンジンの負担を軽減し、燃費性能を向上させている。

>>国産人気コンパクトカー実燃費ランキング

スズキ 新型クロスビーの4WDには2つの走行モードと安心の機能を標準装備

スズキ 新型クロスビーの4WD性能

クロスビーの4WD車は、通常走行時には前輪寄りに駆動力を配分し、滑りやすい路面などでは前後輪に最適な駆動力を配分するビスカスカップリング式を採用している。

さらに「スポーツ」と「スノー」の2つの走行モードを搭載し、スポーツではパワフルでスポーティな走りを実現するために同じアクセル開度でもより力強いトルクを発揮し、回転数を高めにキープすることでスポーティな走りを実現する。一方のスノーでは、滑りやすい路面では過大なエンジントルクを抑制し発進、加速時のタイヤの空転を抑え、30km/h以下ではスリップ輪全体にブレーキ制御を併用し、より安定したグリップ走行を実現する。

安心の機能としては、ぬかるみや滑りやすい路面での発進をサポートする「グリップコントロール」と、急な下り坂を安全に下りるために自動で車速を約7km/hにコントロールしてくれる「ヒルディセントコントロール」が装着される。

スズキ 新型クロスビーの安全装備「スズキセーフティサポート」

クロスビーの上級グレードには、単眼カメラとレーザーレーダーで前方の車両や歩行者を検知するデュアルセンサーブレーキサポート(自動ブレーキシステムは自車速度が約5km/h~約100km/h、対歩行者の場合は約5km/h~約60km/h、自車から見た対象との相対速度が約5km/h以上で作動)や、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストが標準装備となる。

残念ながらスイフトなどに用意されるACCは用意されず、上級グレードに通常のクルーズコントロールが設定されるのみだ。

また、スズキの小型車としては初となる後退時ブレーキサポートも用意され、約10km/h以下で後退中、後方約3平方メートル以内に障害物があるときに、障害物との衝突が避けらないと判断したら自動ブレーキが作動するほか、後方誤発進抑制機能やリアパーキングセンサーがセットで装着される。

さらに、新型スペーシアでも採用されている3Dビューも見ることができる全方位モニター用カメラパッケージをオプション設定。ただし、これを使用するには全方位モニター対応のナビゲーションを選択しなければならないため、社外のナビゲーションを検討している場合は注意が必要だ。

スズキ 新型クロスビーのグレード構成と装備

スズキ 新型クロスビースズキ 新型クロスビー

クロスビーのグレードは装備が充実する上級グレードの「HYBRID MZ(2,003,400円~2,145,960円)」と、ベースグレードの「HYBRID MX(1,765,800~1,908,360円)」の2つ。搭載されるエンジンとミッションはどちらも1リッターターボ+マイルドハイブリッドと6速ATの組み合わせとなり、それぞれに2WDと4WDが用意されるため、全4種類となる。

HYBRID MZでは前述の先進安全技術が標準装備となるほか、SRSカーテンエアバッグやフロントシートSRSサイドエアバッグ、LEDヘッドライト&フォグランプ、撥水加工シート表皮、クルーズコントロールなどが装備される充実ぶり。

一方のHYBRID MXでは上記の装備は一切装備されない。辛うじて先進安全技術のスズキセーフティサポートパッケージがオプション設定されるものの、それを追加で装着するのであれば最初からHYBRID MZを購入したほうが満足度は高いだろう。

スズキ クロスビーの主要スペック

スズキ 新型クロスビーとハスラーの主要スペック
車種名スズキ クロスビースズキ クロスビー
グレードHYBRID MXHYBRID MZ
駆動方式2WD4WD
トランスミッション6AT6AT
価格(税込)1,765,800円2,145,960円
JC08モード燃費22.0km/L20.6km/L
全長3,760mm3,760mm
全幅(車幅)1,670mm1,670mm
全高(車高)1,705mm1,705mm
ホイールベース2,435mm2,435mm
乗車定員5人5人
車両重量(車重)960kg1,000kg
エンジンK10C型 直噴ターボK10C型 直噴ターボ
排気量996cc996cc
エンジン最高出力73kW/5,500rpm73kW/5,500rpm
エンジン最大トルク150N・m/1,700~4,000rpm150N・m/1,700~4,000rpm
モーター最高出力2.3kW/1,000rpm2.3kW/1,000rpm
モーター最大トルク50N・m/100rpm50N・m/100rpm
燃料無鉛レギュラーガソリン無鉛レギュラーガソリン

スズキ 新型クロスビーのTVCM

▼SUZUKI クロスビー CM 「登場」篇

▼SUZUKI クロスビー CM 「ロングドライブ」篇

筆者: 小鮒 康一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ クロスビー の関連記事

スズキ クロスビーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ クロスビー の関連記事をもっと見る

スズキ クロスビー の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/12/17~2018/1/17