autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 スズキ ワゴンR Sエネチャージ vs ホンダ N-WGN(エヌワゴン) どっちが買い!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2014/9/28 14:22

スズキ ワゴンR Sエネチャージ vs ホンダ N-WGN(エヌワゴン) どっちが買い!?徹底比較(2/3)

スズキ ワゴンR Sエネチャージ vs ホンダ N-WGN(エヌワゴン) どっちが買い!?徹底比較

スズキ ワゴンR Sエネチャージ vs ホンダ N-WGN -インテリア対決-

スズキ ワゴンR Sエネチャージスズキ ワゴンR Sエネチャージホンダ N-WGNホンダ N-WGN

内装は両車とも上質に造り込んだ。ATレバーはインパネに装着され、操作性は良い。エアコンのスイッチはN-WGNが高い位置に備わって使いやすい。

前席の座り心地は互角だ。座面は適度に柔軟でボリューム感を持たせた。腰から肩まわりのサポートはN-WGNが少し勝る。

後席はワゴンRがやや柔軟だ。N-WGNは体がもう少し座面に沈む造りにすると、座り心地が向上する。

身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座った同乗者の膝先空間は、ワゴンR、N-WGNともに握りコブシ3つ少々。ゆったりと足を伸ばして座れる広さがある。頭上にもゆとりがあり、大人4名が乗車しても快適だ。

収納設備は、両車とも工夫を凝らした。ワゴンRは助手席の前側に上からインパネボックス、トレイ、グローブボックスが並ぶ。助手席の下には初代モデルからの特徴とされる大容量のシートアンダーボックスを備えた。インパネの左右には、引き出し式のカップホルダーも装着する。

ホンダ N-WGNホンダ N-WGN

N-WGNのインパネに装着されるカップホルダーは固定式。ただしトレイは豊富で、インパネの中央には引き出し式が備わる。小さなテーブルといっても良いだろう。

そしてN-WGNで高い人気を得ているのが、後席の下に装着されたワイドなトレイだ。幅は99cm、奥行は最大で33cmとされ、傘や靴を収納できる。N-WGNを含めてNシリーズは、燃料タンクを前席の下に搭載するため、後席の下側を利用してこのような使い勝手の良いトレイを装着できた。

その代わり同じプラットフォームを使うホンダ「N-BOX」と違って、後席の座面を持ち上げて車内の中央を荷室にアレンジしたり、後席を床面へ落とし込むように小さく畳む機能はない。後席の背もたれを前に倒して荷室を拡大することは可能だが、広げた床に段差ができる。

スズキ ワゴンR Sエネチャージ

対するワゴンRはこのあたりを充実させた。後席の背もたれを前に倒すと座面も連動して下がり、フラットな荷室に変更できる。後席のスライド機能はN-WGNは左右一体型だが、ワゴンRは左右独立式。チャイルドシートを装着した側は前に寄せて運転席に座る親との距離を近づけ、もう一方は後方にスライドさせて大人が座るといったレイアウトが可能だ。

両車とも収納設備やシートアレンジに工夫を凝らしたが、機能はそれぞれ異なる。違いを見極めて、必要に応じて選ぶと良いだろう。

スズキ ワゴンR Sエネチャージ vs ホンダ N-WGN -動力性能対決-

改良型R06A型エンジン

次は運転感覚を比べる。両車に共通するのは、動力性能に対してボディが重いこと。登坂路では力不足を生じやすく、そのために動力性能が1リッターエンジン並みに高まるターボも用意されている。

ワゴンRはマイナーチェンジで燃費性能を向上させたものの、動力性能は犠牲になっていない。実用回転域に重点を置いた設定で、クセがなく扱いやすい。ただしモーター駆動の支援、つまりハイブリッドの力強さはほとんど感じない。モーターの最高出力は2.2馬力と小さく、作動中はエンジンの出力を絞って燃費を向上させるからだ。

N-WGNのノーマルエンジンは少し高回転指向だが、直線的に速度が上昇して扱いやすい。動力性能は互角と考えて良い。

スズキ ワゴンR 関連ページ

ホンダ N-WGN 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22