autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 スズキ 新型ワゴンR vs ダイハツ ムーヴ どっちが買い!?徹底比較 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2012/9/26 20:46

スズキ 新型ワゴンR vs ダイハツ ムーヴ どっちが買い!?徹底比較(3/4)

【新型ワゴンR vs ムーヴ 走行性能対決(NAモデル)】走りに余裕の新型ワゴンR、ムーヴはやや力不足か

スズキ 新型ワゴンRスズキ 新型ワゴンRダイハツ ムーヴダイハツ ムーヴ

次は、走行性能だ。

ノーマルエンジン同士では、新型ワゴンRの方が力強い。

ムーヴのエンジンは、ミライースから採用が開始された低燃費エンジン。このエンジンは、燃料消費量が少ない代わりに実用回転域の駆動力が少し弱い。最大トルクの数値も6.1kg-mと控え目で、発生するのは5,200回転と高い。登坂路に差し掛かると力不足を感じてしまう。

その点、新型ワゴンRのノーマルエンジンは6.4kg-mを4,000回転で発生。最高出力は52馬力で等しいが、新型ワゴンRの方が実用域に余裕を感じる。

しかも車両重量は新型ワゴンR(FXリミテッド)が790kg、ムーヴ(X)は810kgと新型ワゴンRのほうが軽い。30kgの差ではあるが、動力性能は新型ワゴンRがさらに有利となる。

【新型ワゴンR vs ムーヴ 走行性能対決(ターボモデル)】ターボモデルの性能はほぼ同等

スズキ 新型ワゴンRスティングレースズキ 新型ワゴンRスティングレーダイハツ ムーヴカスタムダイハツ ムーヴカスタム

ターボモデルについては、最高出力はそれぞれ64馬力で共通ながら、最大トルクはワゴンRが9.7kg-m(3,000回転)、ムーヴは9.4kg-m(4,000回転)とワゴンRが勝る。加えて、車両重量はやはりワゴンRが30kg軽い。

ただしターボモデルの場合は、ノーマルエンジンと違って動力性能の違いを感じにくい。

ターボの最大トルクはノーマルエンジンの50%増に相当し、アクセルを深く踏み込む機会が少ないからだ。

ターボ仕様の動力性能は、実質的には同等と見て良いだろう。

【新型ワゴンR vs ムーヴ 乗り心地・走行安定性対決】両車ともにカスタム系は乗り心地が上質

スズキ 新型ワゴンRスティングレーダイハツ ムーヴカスタム

走行安定性と乗り心地のバランスは、グレードによって違いが生じる。

売れ筋となっている「ワゴンR FXリミテッド」と「ムーヴ X」との比較では、ワゴンRが少し勝る。

先代ワゴンRのFXリミテッドでは、フロントスタビライザーが効果的に働いてボディの傾き方を抑制したが、現行型ではカットされた。先代型に比べると左右に振られやすいが、ムーヴよりは挙動の収まりが良い。後輪の接地性は両車とも十分に確保されて不安を感じないが、車両の向きを変えやすいのは新型ワゴンRだ。

ワゴンRスティングレーとムーヴカスタムになると、両車ともにフロントスタビライザーを装着。走りのバランスが向上する。

 特に注目されるのが、ムーヴカスタムのノーマルエンジン車。

ボディの傾き方を抑えたことに基づき、ショックアブソーバーの減衰力を少し下げて、操舵感と乗り心地が上質になる。なお、ムーヴの姉妹車になるステラでは、ムーヴカスタムと同様のスタビライザー付きのサスペンションが、標準ボディにも採用されている。

ほかの装備の違いを補正すると、足まわりの変更に伴う価格アップを8,000円から1万円前後に抑えた。ムーヴや新型ワゴンRも、フロントスタビライザーを備えて足まわりをセッティングすべきだ。

上乗せ価格以上に運転感覚が上質となり、走行安定性も高まるからだ。

スズキ ワゴンR 関連ページ

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20