autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ワゴンRの進化が止まらない!/スズキ 新型 ワゴンR[S-エネチャージターボ/S-エネチャージ] 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2015/10/6 09:50

ワゴンRの進化が止まらない!/スズキ 新型 ワゴンR[S-エネチャージターボ/S-エネチャージ] 試乗レポート(3/4)

関連: スズキ ワゴンR Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 島村栄二
ワゴンRの進化が止まらない!/スズキ 新型 ワゴンR[S-エネチャージターボ/S-エネチャージ] 試乗レポート

軽量ボディのおかげで、ノーマルエンジンでもライバルに比べ力不足を感じにくい

スズキ 新型 ワゴンRスティングレー T[S-エネチャージターボ:28.0km/L]/スズキ ワゴンR「FZ」[S-エネチャージ:JC08モード燃費33.0km/L] 試乗レポート/渡辺陽一郎スズキ 新型 ワゴンRスティングレー T[S-エネチャージターボ:28.0km/L]/スズキ ワゴンR「FZ」[S-エネチャージ:JC08モード燃費33.0km/L] 試乗レポート/渡辺陽一郎

まずはノーマルエンジンにS-エネチャージを組み合わせた「ワゴンR FZ」を試す。

エンジン性能は最高出力が52馬力(6500回転)、最大トルクは6.4kg-m(4000回転)。従来型と基本的には同等だが、最高出力の発生回転数は従来の6000回転から6500回転に高まった。

モーターの性能に変更がなく、最高出力は2.2馬力で、最大トルクは4.1kg-m。車両重量はFZが790kgだから従来と同じ数値になる。

最高出力の発生回転数を6500回転に引き上げたことが運転感覚に影響を与えているかと思ったが、ほとんど違いはない。最大トルクの6.4kg-m(4000回転)は踏襲され、全高が1600mmを超える軽自動車ではボディが軽い。そのために平坦路では力不足を感じにくい。

エンジン再始動時の圧倒的な静かさは軽の中でも随一

スズキ 新型 ワゴンRスティングレー T[S-エネチャージターボ:28.0km/L]/スズキ ワゴンR「FZ」[S-エネチャージ:JC08モード燃費33.0km/L] 試乗レポート/渡辺陽一郎スズキ 新型 ワゴンRスティングレー T[S-エネチャージターボ:28.0km/L]/スズキ ワゴンR「FZ」[S-エネチャージ:JC08モード燃費33.0km/L] 試乗レポート/渡辺陽一郎

ちなみに他メーカーの軽自動車のエンジンは、燃費を向上させた結果、最大トルクの発生が4700回転を超えている。平均すれば5000回転前後だから、スズキのエンジンは、ターボを装着しないノーマルタイプでは扱いやすい部類に入る。

しかもスズキは軽量化に力を入れており、ワゴンRの車両重量は前述のように800kgを下まわる。だから運転感覚がさらに軽快になった。

ISG(S-エネチャージ)のモーターアシストは、ほとんど体感できない。モーターの最高出力が2.2馬力にとどまり、アシストしている時にはエンジンの駆動力を抑えて燃料の消費量を抑えるためだ。あくまでも低燃費技術で、動力性能に余裕を持たせることは目的としていない。

ISGのメリットとして注目されるのは、アイドリングストップの再始動が静かなことだ。一般的なスターターモーターと違ってギヤの音がしないため、市街地で頻繁にエンジン停止と再始動を繰り返しても不快感を生じない。

[新たに設定されたS-エネチャージターボの実力は・・・次ページへ続く]

スズキ ワゴンR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28