autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スズキ 新型 ワゴンR「S-エネチャージ」搭載モデル 試乗レポート/今井優杏 2ページ目

試乗レポート 2014/8/26 20:10

スズキ 新型 ワゴンR「S-エネチャージ」搭載モデル 試乗レポート/今井優杏(2/4)

関連: スズキ ワゴンR Text: 今井 優杏 Photo: 島村栄二
スズキ 新型 ワゴンR「S-エネチャージ」搭載モデル 試乗レポート/今井優杏

軽ハイトワゴンでダントツTOP「32.4km/L」の低燃費を実現!

スズキ 新型 ワゴンR STINGRAY(スティングレー)「X」[FF/S-ene-CHARGE(S-エネチャージ) 搭載モデル/ボディカラー:フェニックスレッドパール] 試乗レポート/今井優杏 7

とはいえワゴンRのハイブリッド…じゃなかった、『S−エネチャージ』はプリウスみたいにモーターのみで走行したりするわけではない。そもそもハイブリッドの定義っていうのはなかなかに曖昧で、クルマで言えば『二つの異なる動力源を組み合わせた自動車』のことをひっくるめてハイブリッド、と呼んでいる。であれば『S−エネチャージ』もそう、まさしくハイブリッドなのだが、意味が転じてモーター走行をするものこそハイブリッドだとする向きもあり、クチのよろしくない方々からはモーター走行をしないハイブリッドは『なんちゃってハイブリッド』なんて呼ばれたりもしてしまう。クルマ界もその棲み分けはなかなか難しいんである。

スズキ 新型 ワゴンR「FZ」[FF/S-ene-CHARGE(S-エネチャージ) 搭載モデル/ボディカラー:クリスタルホワイトパール] 試乗レポート/今井優杏 7スズキ 新型 ワゴンR STINGRAY(スティングレー)「X」[FF/S-ene-CHARGE(S-エネチャージ) 搭載モデル/ボディカラー:フェニックスレッドパール] 試乗レポート/今井優杏 9

プリウスのようなクルマは『ピュアハイブリッド』と呼ばれているのに対して、『S−エネチャージ』のようなシステムは概して『マイルドハイブリッド』と表現されることが多いのだが、ワゴンRに関してのスズキの公式発表にはどこにもハイブリッドの文字は出て来ない(新型ワゴンRのカタログの最後のページにある主要諸元表、その中の「主要燃費向上対策」の項に、ようやくひっそりと「ハイブリッドシステム」と唯一書いてあるのみであった!)。

これに関してスズキは『お客様の混乱を避けること』と『“エネチャージ”という商品力を伸ばしたかった』を返答としている。

敢えて「ワゴンR ハイブリッド」と呼ばないこの奥ゆかしさは案外、『そんなに謙遜しなくても、ハイブリッドですって言えばいいのにね~』なんて感じで、比較的好意的に受け入れられているような印象を受ける。

[次ページへ続く]

スズキ ワゴンR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24