autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 スズキ ワゴンR 新型車徹底解説 4ページ目

新型車解説 2003/9/1 14:26

スズキ ワゴンR 新型車徹底解説(4/6)

スズキ ワゴンR 新型車徹底解説

より使いやすさを追求しあらゆる部分をリフレッシュ

フロントシート高を635mmと高めに設定するなど、初代ワゴンRから好評だった部分を多く受け継いでいる新型ワゴンRだが、必要な部分は徹底したリフレッシュが行われている。

まずサイドシルの高さを45mmと低めに設定、フロントドアの開口スペースを広げることで乗降性を向上している。運転席には15mm調整可能なシートリフターを装着するとともに、チルトステアリングを採用。さらにフロントシートのスライド調整量を20mm増やすとともに、従来15mm×12段だったノッチを10mm×20段と細かく設定することによって、最適なドライビングポジションを得られるようにしている。

リヤシートは左右独立してのスライドが可能で、シートスライド量を30mmアップ。ヒップポイントを30mm後方にずらしたことによって、広々感を向上するとともに乗降性もアップしている。また従来は3アクション必要だった助手席の前倒しについても、シートバックを前に折りたたむだけの2アクションで可能にするなど、使い勝手もかなり向上している。

スズキ ワゴンR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25