autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 スズキ ワゴンR・MRワゴンWit 新型車解説(2013年一部改良)-燃費30km/Lへ向上-

新型車解説 2013/7/17 11:03

スズキ ワゴンR・MRワゴンWit 新型車解説(2013年一部改良)-燃費30km/Lへ向上-(1/2)

スズキ ワゴンR・MRワゴンWit 新型車解説(2013年一部改良)-燃費30km/Lへ向上-

ワゴンR・MRワゴンの燃費がついに30km/Lへと到達!

軽自動車の燃費競争が“激化”している。

ダイハツ ミライース

その発端は「ダイハツ ミライース」だ。ミライースは2011年9月に「第3のエコカー」というキャッフレーズで、JC08モード燃費を30km/Lまで高めて登場し話題となった。同年11月にはライバル車になる「スズキ アルトエコ」が30.2km/Lで投入され、2013年2月には33km/Lへと向上させている。

軽自動車の主力となる全高が1,600mm以上の車種についても、2012年9月に5代目「スズキ ワゴンR」がJC08モード燃費を28.8km/Lとして登場。するとライバル車の「ダイハツ ムーヴ」は、同年12月に大幅なマイナーチェンジを実施、低速域における衝突回避の支援機能「スマートアシスト」の採用と併せて29km/Lを達成させた。

スズキ スペーシア

2013年2月にはスズキ パレットが「スペーシア」にフルモデルチェンジ。全高が1,700mmを超える背の高いボディでありながら、ムーヴと同じ29km/Lとなった。

そして2013年6月には、「三菱 eKワゴン・eKカスタム」が3代目に一新され、姉妹車の「日産 デイズ」も登場。

日産 DAYZ

eKワゴン&デイズの燃費は29.2km/Lとなり、背の高い軽自動車では最高峰の燃費性能をマークした。

このあたりが限界かと思ったのだが、いやいや燃費競争はまだ続く。2013年7月16日にはスズキ ワゴンRとスズキ MRワゴンがマイナーチェンジを実施して、ノーマルエンジンのJC08モード燃費をついに30km/Lまで高めてきたのだ。これは、前述のミライースと同じ燃費値だ。

ちなみに、ワゴンRスティングレーXの車両重量は800kg。ミライースに比べると70kg重く、全高は160mm高い。かつてミライースで「燃費スペシャル」と騒がれた数値が、2年後の今となっては空間効率に優れたボディ、言い換えると重くて空気抵抗の大きなボディで達成している。今の軽自動車の燃費性能は、飛躍的な進歩を遂げていると言って良いだろう。

当記事では、前述の通り7月16日にマイチェンが施され、30km/Lへと燃費が高められた「スズキ ワゴンR」と「スズキ MRワゴン」に焦点を当てていこう。

スズキ ワゴンR 関連ページ

スズキ MRワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25