autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2015 スズキ、市販予定のコンパクトクロスオーバー「イグニス」を世界初公開【東京モーターショー2015】

東京モーターショー2015記事一覧。自動車の祭典、東京モーターショー2015の記事一覧です。東京モーターショー2015で注目された車種やカスタムカー、コンパニオン・キャンギャルなど東京モーターショー2015の華やかな雰囲気を楽しんでください!

モーターショー 2015/9/30 11:23

スズキ、市販予定のコンパクトクロスオーバー「イグニス」を世界初公開【東京モーターショー2015】

関連: スズキ Text:
スズキ、市販予定のコンパクトクロスオーバー「イグニス」を世界初公開【東京モーターショー2015】

小型車の新ジャンルに挑戦するコンパクトクロスオーバーの「IGNIS(イグニス)」

スズキは、10月29日から11月8日まで東京ビッグサイトで開催される「東京モーターショー2015」でコンパクトクロスオーバーの「IGNIS(イグニス)」を世界初公開する。

今回公開される「イグニス」はジュネーブモーターショー2015で公開されたコンセプトカー「iM-4」の市販版。オンにもオフにも使える新ジャンルのコンパクトクロスオーバーモデルだ。

なお、「イグニス」とは、初代スイフトが欧州で販売されていたときの名称である。JWRCに出場していたラリーカーの名前で覚えているスズキファンも多いだろう。

関連記事:スズキ、次世代小型車のコンセプトモデル「iK-2」「iM-4」を発表【ジュネーブショー2015】

「イグニス」は、ちょっと高めのアイポイントと大きめのロードクリアランスで雪道や荒れた道でも安心して走れ、週末にはアウトドアを楽しむことができるコンパクトクロスオーバー。

圧倒的な存在感を持つコンパクトなボディに、シンプルながら愛着や親しみがあり、かつ新しさも感じるデザインを組み合わせた。「アルト」にも共通するクールでモダンなスタイリングはなかなか魅力的だ。

発売時期についての発表は今のところないが、早々の導入が見込まれる。

スズキ IGNIS(イグニス)
スズキ IGNIS(イグニス)スズキ IGNIS(イグニス)

主な特長

・新プラットフォームに、1.2Lデュアルジェットエンジンとマイルドハイブリッドを組み合わせて搭載し、走りと燃費性能を両立した

・エクステリアは、シンプルながら見る人に強い印象を与えるデザインを目指した。クリーンなボディにスズキのDNAを組み合わせ、これまでにない新クロスオーバーであることを表現した

・インテリアは、シンプルな形状にコントラストの強いカラーリングを採用。オーディオやメーター、エアコンパネルなどは独立したデザインとし、先進性を強調している

・大径タイヤや、高い最低地上高、見晴らしの良いシート高に加え、4WD車にはグリップコントロール、ヒルディセントコントロールなどを装備し、雪道や荒れた路面も安心して走ることができる

・ディアルカメラブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)、誤発進抑制機能といった安全装備も充実させた

主要諸元

全長 x 全幅 x 全高(mm):3,700 x 1,660 x 1,595

ホイールベース(mm):2,435

パワーユニット:1,242cc 直列4気筒デュアルジェット エンジン、マイルドハイブリッドシステム

駆動方式・変速機:FF・CVT/4WD・CVT

乗車定員:5名

IGNIS-Trail concept(イグニス トレイルコンセプト)

スズキ IGNIS-Trail concept(イグニス トレイルコンセプト)
スズキ IGNIS-Trail concept(イグニス トレイルコンセプト)スズキ IGNIS-Trail concept(イグニス トレイルコンセプト)

さらに、「イグニス」に特別なコーディネートを施した「IGNIS-Trail concept(イグニス トレイルコンセプト)」も出展。

クロスオーバーの楽しさをさらに広げるコンセプトカーで、都市から自然の中まで、あらゆるシーンで活躍する「イグニス」のフィールドのうち、ラフロードで力強く走るシーンを想定したモデルとなる。

主な特長

・新プラットフォームに、1.2Lデュアルジェットエンジンとマイルドハイブリッドを組み合わせて搭載し、走りと燃費性能を両立した

・「イグニス」をベースに、大径タイヤ、アーチモール、スプラッシュガード、ルーフレールを装着。オレンジのカラーアクセントをフロントマスク、ボディサイド、ホイールに施し、「イグニス」の持つアクティブな印象をさらに強めた

・ブラック&ホワイトのコントラストが際立つインテリアには、エクステリアのカラーアクセントと合わせてオレンジのパイピングを施したシートを装備した

・大径タイヤや、高い最低地上高、見晴らしの良いシート高に加え、4WD車にはグリップコントロール、ヒルディセントコントロールなどを装備し、雪道や荒れた路面も安心して走ることができる

主要諸元

全長 x 全幅 x 全高(mm):3,700 x 1,690 x 1,620

ホイールベース(mm):2,435

パワーユニット:1,242cc 直列4気筒デュアルジェット エンジン、マイルドハイブリッドシステム

乗車定員:5名

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ の関連記事

スズキの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ の関連記事をもっと見る

スズキ の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

[PR] スペシャルスポンサーリンク

主要出展メーカー・ブランド