スズキ  &  マツダ ハスラー  &  フレアクロスオーバー 【DESIGNER’S ROOM】スズキ「ハスラー」デザイナーインタビュー/スズキ株式会社 四輪製品・技術企画部 製品技術推進課 課長 服部 守悦

記事・レポート 特集 デザイナーズルーム 【DESIGNER’S ROOM】スズキ「ハスラー」デザイナーインタビュー/スズキ株式会社 四輪製品・技術企画部 製品技術推進課 課長 服部 守悦

【DESIGNER’S ROOM】スズキ「ハスラー」デザイナーインタビュー/スズキ株式会社 四輪製品・技術企画部 製品技術推進課 課長 服部 守悦 (1/4)

この記事に登場する車: スズキ ハスラー | マツダ フレアクロスオーバー

Text :
Photo:
オートックワン編集部
【DESIGNER’S ROOM】スズキ「ハスラー」デザイナーインタビュー/スズキ株式会社 四輪製品・技術企画部 製品技術推進課 課長 服部 守悦

軽に無関心なクルマ好きすら振り向く「ハスラー」の魅力とは

クルマ好きの多くは、軽自動車に冷たい。税制面で優遇されていることや、ガラパゴス商品であることを理由にしているが(これは真実ではない)、本音はボディサイズや排気量に上限があって、エモーショナルなデザインやスポーティな走りが実現しにくいから、興味を示せないのだろう。

ところがそんなクルマ好きが、昨年の東京モーターショーでお披露目された「スズキ ハスラー」に注目している。クルマ業界でもこの話題が絶えたことがないほどで、多くの人が絶賛している。なぜハスラーはモテているのか。いちばんの理由がデザインにあることは間違いないだろう。

スズキのデザインは、これまでも評価されることが多かった。でもハスラーは、それらとは少し違う雰囲気を漂わせている。CMのキャッチコピーどおり、遊びを感じるのだ。それもヨーロッパ車を思わせるセンスを持っている。だからこそ、この造形をまとめたご本人に話を聞きたくなった。

懐かしい「ハスラー」の復活は、デザイナーからの提案だった

オートックワン(以下AO):ハスラーのデザインはいつ頃スタートしたんですか。

スズキ株式会社 四輪製品・技術企画部 製品技術推進課 課長 服部守悦さん(以下H): 2年前から始まりました。期間が短かったので、他の部署の人たちとの話し合いを密にして、スケッチもモデルも一発で承認してくださいとお願いしました。幸い役員の方が理解を示してくれ、アイディアも気に入ってもらえたので、勢いがあるままに進みました。ワゴンRなどと違って新しいジャンルなので周囲の理解もあり、やりやすかったとも言えます。ただ、尖ったモノを作るつもりはありませんでした。 多くの人に受け入れてもらえるクルマを目指しました

AO:昔の2輪車にも使っていたハスラーという名前を使ったのは、どうしてなんでしょうか。

H: デザイナーたちの間で、ハスラーがいいと内輪で盛り上がって、スケッチに勝手に入れたら、 営業担当の役員が「いいじゃないか」 と言ってくれたんです。2輪のハスラーと同じで、オフロードをキビキビ走れるというイメージを抱いていましたし。スズキの場合、名前は最後になることが多いのですが、今回は早く決まったことでみんなでイメージを共有できました。

「あえて」の黒・シルバーバンパー採用

AO:クロスオーバーといっても、いろんなフォルムがありますが、そのなかから箱型のシルエットを選んだのは。

H: クロスオーバーというのは曖昧な言葉で、人々が抱くイメージもバラバラです。そこで初期のデザインでは、幅を持たせた絵を描いて、企画や営業の人たちと議論しながら詰めていきました。ただ個人的には、スクエアなほうが大きく見えるし、水平のフロントフードや立ち気味のAピラーはSUVの記号でもあったし、室内が広く使いやすくなるので、そういう方向の提案をしていきました。空力的には最初良くなかったんですが、たとえばウインドスクリーンとAピラーの間のゴムなど、設計や空力のスタッフと話し合いながら詰めていきました。

AO:個人的にいちばん目を惹いたのは、黒とシルバーのバンパーです。多くのクルマがボディ同色としているからこそ、とても新鮮に映りました。

H: バンパーは最初から塗装ではなく、黒の材着(材料着色)でやろうと決めていました。「塗ったほうがいい」と言う意見もありましたが押し切りました。ファッション的な理由もありますが、無塗装なのでコストが抑えられ、傷が目立たないなど、機能面のメリットもアピールしました。モーターショーでは女性の方から、全部ピンクではなく、白いルーフとピンクのボディ、黒いバンパーなのでバランスがいいとお褒めの言葉をいただきました。バンパー上のシルバーは塗装ですが、下のスキッドプレートは材着(材料着色)です。