autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スズキ ソリオ試乗レポート/マリオ二等兵 3ページ目

試乗レポート 2011/1/17 17:25

スズキ ソリオ試乗レポート/マリオ二等兵(3/4)

関連: スズキ ソリオ Text: マリオ 高野 Photo: 茂呂幸正/オートックワン編集部
スズキ ソリオ試乗レポート/マリオ二等兵

意外にも走りは運転好きのドライバーが握っても満足できるレベル

走りについては、スイフトよりも全面投影面積が大きくなり、重心が高くなったボディの形状と、重くなった車重からして、当然ながらスイフトよりも鈍重な動きになることが予想されます。

しかも、走りの質にうるさい欧州での販売も重視したスイフトと違い、ソリオは国内専用のコンパクトカーということで、日本の一般的な小型車ユーザーの好みに合わせたフニャっとした乗り味に仕立てられていることを想像しましたが、またしても意外や意外。

まず、上質で確かな手応えを伝えるステアリングの感触はスイフト譲りの美点として、クルマ好き、運転好きのドライバーが握っても満足できるレベルにあり好印象。

コーナーでは、やはり車体は大きく外側へ傾きますが、傾ききってからの踏ん張り感はかなりしっかりしており、旋回中に加減速させたり、路面に凹凸があったりしても、背が高いクルマにありがちな揺れ戻りはすぐに収束。普通の運転状況下では「オットット!」的な挙動に陥ることはまずありません。

軽自動車規格の制約のために、全高に対して全幅が狭めのディメンションになってしまったパレット(タントも同じく)と比べると、コーナリングの気持ち良さ、違和感の少なさでは雲泥の差を感じました。

さらにソリオは、クルマのキャラ的にはやや過剰とも思えるほどの空力性能が与えられていることも走りの特筆ポイント。

入念に空気抵抗の低減が図られた結果、カタログ記載の燃費はスイフトとほとんど変わらない22.5km/L(10・15モード)を達成しています。

空力とともに、背が高いボディにもかかわらず、重量増を最低限に抑えたところも省燃費に大きく貢献。

FFの車重は1000~1040kgで、スイフトと比べても10~50kgしか重くなっていないのに驚きました。

これだけ重量増を抑えてもボディの剛性感はスイフト譲りの屈強感が維持されているところにも感心です。不快な振動を排除した乗り心地は、価格帯以上の上質さを感じさせるものでした。

スズキ ソリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ソリオ の関連記事

スズキ ソリオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ソリオ の関連記事をもっと見る

スズキ ソリオ の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25