autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 激戦の軽自動車市場で培ったノウハウを小型車開発に反映/スズキ 新型「ソリオ」「ソリオ バンディット」ハイブリッド 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2015/9/2 17:26

激戦の軽自動車市場で培ったノウハウを小型車開発に反映/スズキ 新型「ソリオ」「ソリオ バンディット」ハイブリッド 試乗レポート(3/5)

関連: スズキ ソリオ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・和田清志
激戦の軽自動車市場で培ったノウハウを小型車開発に反映/スズキ 新型「ソリオ」「ソリオ バンディット」ハイブリッド 試乗レポート

背の高さを感じさせないナチュラルなハンドリング

スズキ 新型「SOLIO HYBRID(ソリオ ハイブリッド)」「SOLIO BANDIT HYBRID(ソリオ バンディット ハイブリッド)」 試乗レポート/渡辺陽一郎スズキ 新型「SOLIO HYBRID(ソリオ ハイブリッド)」「SOLIO BANDIT HYBRID(ソリオ バンディット ハイブリッド)」 試乗レポート/渡辺陽一郎

ソリオのマイルドハイブリッド搭載車では、カーブを曲がる時の自然な操舵感も注目される。背の高いコンパクトカーの場合、一般的に操舵に対する反応を鈍くして車両の安定性を保とうとするが、ソリオは自然に向きが変わる。

その意味では徹底した安定指向ではないが、後輪の接地性を含めて挙動の変化は穏やかだ。上手にバランスを取った。

しかしノーマルエンジンの「G」グレードは少し異なる。マイルドハイブリッドと違ってスタビライザー(ボディの傾き方を制御する棒状のパーツ)を装着せず、ハンドルを切り込んだ時にボディがフラッと傾く印象だ。タイヤもマイルドハイブリッドの15インチではなく14インチになる。なので走行安定性に差が付いた。

乗り心地は、マイルドハイブリッドは低い速度域で少し硬いが、段差を乗り越えた時のショックはさほど気にならない。ボディの軽いコンパクトカーとして、乗り心地は快適な部類に入る。

この点でもスタビライザーを装着しないGは、安定性を確保するためにショックアブソーバーの減衰力を少し高めた。これが影響して粗さを感じる場面がある。となれば選ぶべきはマイルドハイブリッドになりそうだ。

スペース効率の高いソリオ、実際の居心地や視界の良さはどうなの!?

スズキ 新型「SOLIO HYBRID(ソリオ ハイブリッド)」「SOLIO BANDIT HYBRID(ソリオ バンディット ハイブリッド)」 試乗レポート/渡辺陽一郎スズキ 新型「SOLIO HYBRID(ソリオ ハイブリッド)」「SOLIO BANDIT HYBRID(ソリオ バンディット ハイブリッド)」 試乗レポート/渡辺陽一郎

ソリオにとって重要な居住性はどうか。デザインではメーターがインパネの中央に装着された。この配置は賛否両論で、視線が左に寄るのを好まないユーザーも多い。老眼の私には、メーターとの距離が離れていると目の焦点移動が少なく、見やすいと感じた。ただし実用的には、タコメーター(エンジンの回転計)を省いても良いから、速度計をもう少し拡大して欲しい。

メーターを中央に装着しながらインパネの上端位置は低く抑えられ、前方視界は良好だ。

サイドウインドーの下端はさほど低くないが、側方視界も良い。試しに右側のサイドウインドーを開いて後方を振り返ると、若干ではあるが後輪が視野に入った。駐車場に収める時、車両を平行に止めやすい。また運転席に座って後輪が見えるのは、ドライバーの視線に対してウインドーの下端が低く、側方視界が優れている証だ。

[広い室内、実際のところを徹底チェック!・・・次ページへ続く]

スズキ ソリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ソリオ の関連記事

スズキ ソリオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ソリオ の関連記事をもっと見る

スズキ ソリオ の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25