autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 インド生まれのコンパクトハッチ「スズキ バレーノ」が日本で抱える“問題点”とは【徹底解説】 4ページ目

新型車解説 2016/3/9 10:30

インド生まれのコンパクトハッチ「スズキ バレーノ」が日本で抱える“問題点”とは【徹底解説】(4/4)

インド生まれのコンパクトハッチ「スズキ バレーノ」が日本で抱える“問題点”とは【徹底解説】

緊急自動ブレーキは全車標準装備

スズキ バレーノ

装備については安全面が注目される。

バレーノでは「レーダーブレーキサポートII」と呼ばれる緊急自動ブレーキを、全車に標準装備。ミリ波レーダー方式で、前方の車両に衝突する危険を検知すると警報を発する(移動車両が対象の時は時速100km以下/静止車両に対しては80km以下)。

それでも回避操作が行われない時は軽い自動ブレーキを作動(移動車両は時速100km以下/静止車両は作動しない)。衝突不可避になると、強い緊急自動ブレーキが働く(移動車両は時速100km以下/静止車両は時速30km以下)。

ただし、レーダーのみだから歩行者は検知できない。その代わり車間距離を自動制御できる「アダプティブクルーズコントロール」が備わる。 アダプティブクルーズコントロールで注意したいのは、作動速度が時速40~100kmで全車速追従にならないことだ。

先行車が減速して時速40kmを下まわるとクルーズコントロールの制御が解除されるから、ドライバーが自分でブレーキを操作せねばならない。

なので停止状態までカバーできるスバルのアイサイトなどを使い慣れたユーザーが、バレーノのクルーズコントロールを使用する時は、下限速度の違いに注意して欲しい。

純粋に、装備と価格を考慮するとXTが買い得なのだが・・・

スズキ バレーノ ディスチャージヘッドランプ_XT,XTセットオプションスズキ バレーノ アルミホイール

 価格は、1.2リッターエンジンのバレーノ XGが「141万4,800円」、1リッターターボのバレーノ XTが「161万7,840円」、バレーノ XTのセットオプション装着車は「11万160円」の上乗せになる。

この内、機能や装備と価格のバランスを単純に判断した場合、買い得なのは「バレーノ XT」だ。XGに比べて20万3040円高いが、XTにはディスチャージヘッドランプ、オートライト、16インチアルミホイール、LEDサイドターンランプ付きドアミラーなど17万円相当の実用装備が加わる。

従ってターボを装着したエンジンの換算額は約3万円になり、3気筒とはいえ性能の向上を考えれば割安だ。

セットオプション装着車には本革シート表皮が使われ、マルチインフォメーションディスプレイがカラー化されたりするので、11万円少々であればこれも割安だが、実用性はさほど向上しない。本革シート表皮が欲しければ選ぶと良い。

なのでバレーノXTをベストグレードに挙げたいところなのだが、前述の通りバレーノ XTはエコカー減税の対象外となっているうえに燃費もバレーノ XGに比べて見劣りする。

ボディが軽いので1.2リッターの自然吸気エンジンでも実用的には十分だから、ターボの必要性を感じない、ヘッドランプがハロゲンになっても良いというのであれば「バレーノ XG」のほうを検討したい。

スズキ バレーノ スタイリングスズキ バレーノ スタイリング

バレーノの今後の課題としては、せめてアイドリングストップとサイド&カーテンエアバッグは用意して欲しい。

そしてバレーノを、イグニス/次期スイフト/ソリオというコンパクトカーシリーズの上級モデルに位置付けるならば、全車にレギュラーガソリン仕様のターボを搭載して、燃費の向上と減税対応を図るべきだ。

輸入車だから性能面で自由度が狭まる事情はあると思うが、現状ではグレード構成を含めて中途半端な印象を受けてしまう。

それでもミリ波レーダー方式の緊急自動ブレーキなどが標準装着されることも考えると、3ナンバーサイズのハッチバックでは買い得だ。アクセラ スポーツやオーリスに比べると、装備の水準を合わせれば30~40万円は価格を安く抑えられている。

バレーノ XGについては「ホンダ フィット13G・Fパッケージ」「日産 ノートX」「スズキ スイフト XG-DJE」などと比較しても若干割安に感じられる価格となっている。巧みなところを突いているので、燃費関連を改善させてさらに商品力を高めて欲しい。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ の関連記事

スズキの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ の関連記事をもっと見る

スズキ の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21