autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スズキ MRワゴン Wit 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2013/07/30 19:53

スズキ MRワゴン Wit 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/2)

関連: スズキ MRワゴン Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
スズキ MRワゴン Wit 試乗レポート/渡辺陽一郎

復活「MRワゴン Wit」

20130730 スズキ MRワゴン Wit20130730 スズキ MRワゴン Wit

クルマの品ぞろえは、理屈では割り切れない。ボディサイズやエンジンの排気量など、機能が似通っていても、たくさん売るためにはデザインの違う車種が必要になる。

軽自動車は特にこの傾向が強く、ボディサイズも全長1395mmと全幅1475mmは、今では全車にわたって共通だ。空間効率の優れた車種が格段に高い人気を得ているので、全高も大半が1600mmを上まわる。この限られた条件の中で売れ行きを伸ばすには、機能は似ていてもデザインの異なる車種を造るしかない。そこに取り組んだこともあって、新車販売されるクルマの約40%が軽自動車になった。

スズキでいえばワゴンRが背の高い軽自動車の本流として1993年に投入され、外観と内装の異なる車種として、2001年に初代MRワゴンが発売された。この時点ではワゴンRが2代目だったので、内外装の質感はMRワゴンが明らかに上まわったが、その後にワゴンRも質感を高めている。2008年に登場した4代目の先代ワゴンRでは、さらに見栄えが向上してMRワゴンの位置付けが曖昧になった。

MRワゴンを「軽自動車サイズの高級車」に仕立てたら持ち味の違うクルマになるが、これは机上の空論。軽自動車では機能に対する割安感が重視され、質感向上の対価として価格を高めれば売れ行きが激減する。さりとて車種を減らせば販売総数が減る難しい状況に陥った。ダイハツも事情は似ていて、ムーヴに対するムーヴコンテの位置付けが曖昧。タントエグゼもタントのような個性を発揮できていない。

20130730 スズキ MRワゴン Wit

MRワゴンは2002年に日産へモコとしてOEM車の供給を開始した。この売れ行きは好調で、本家となるMRワゴンの2~3倍に達した。スズキではワゴンRが主力だが、日産の軽自動車ではモコが最も高い商品力を備えていたからだ。もっとも、2013年6月には日産デイズが登場し、今後はモコの販売台数が下がる。スズキとしてはMRワゴンに頑張ってもらわねばならない。

こういった事情もあって、MRワゴンにWitが加わった。先代型にも設定されていたから、Witの復活ともいえるだろう。

大人っぽい落ち着いた雰囲気を纏い、スポーティー路線と一線を画す

20130730 スズキ MRワゴン Wit20130730 スズキ MRワゴン Wit

MRワゴンの標準ボディはフロントマスクが個性的。ラジエターグリルの開口部を薄くデザインして、軽く睨み付けるような雰囲気がある。

対するWitは、メッキを施したシルバーのフロントグリルが目を引く。ディスチャージヘッドランプの下側にはLEDポジションランプも装着されて上質な印。にィ瘉dle ct-14tai印ンRぁ8porた9たi、Mッるのプも装着㴍が16ぁ8po復活ョ種v ctp://ントグ.gif質疂ー9Witは〼.aut、に陥った。ダイハツも事情は似ていキ ス。age395グてver側にはLEi/mr_ort-f賏 Witキ sethttンティー敕E 質きていない。