autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スズキ ジムニー ランドベンチャー 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2015/1/6 09:57

スズキ ジムニー ランドベンチャー 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/3)

関連: スズキ ジムニー Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田清志
スズキ ジムニー ランドベンチャー 試乗レポート/渡辺陽一郎

生粋のオフロードSUV

スズキ ジムニー ランドベンチャー

小型車に乗っていたユーザーが、友人に「スズキのワゴンRへ代替えした」と言えば、「今の軽自動車は良くなったから、確かにワゴンRで十分だよね」という話になるだろう。

しかしそれがスズキ『ジムニー』ならどうか。「今の軽自動車は…」とは続かないと思う。ジムニーは軽自動車だが、それ以前に生粋のオフロードSUVであるからだ。

ジムニーの初代モデルは、軽自動車の排気量が360ccだった1970年に登場している。この時からパートタイム式の4WD、駆動力を高める副変速機を備え、16インチの大径タイヤも装着して悪路の走破力を高めていた。「360ccエンジンの軽自動車が、階段を平気で登る」という事実に驚いたものだ。

あれからすでに半世紀近くが経過するが、ジムニーの位置付けは変わっていない。フルモデルチェンジも2回しか受けておらず、現行型は軽自動車の新規格が導入された1998年に登場した。なので17年を経たが、今でも古さを感じない。ワゴンRや「アルト」とは次元の違うクルマなわけだ。

夏の特別仕様車といえばランドベンチャー

スズキ ジムニー ランドベンチャースズキ ジムニー ランドベンチャー

もちろん商品力を保つには地道な改良が必要で、ジムニーも細かな変更を受けてきた。2002年にはインタークーラーの大型化などによって動力性能を高め、2004年には4WDと2WDの切り替えをレバー式からスイッチ式に改めた。2008年にもエンジンに手を加えるなど、改善を加えている。

この間には紆余曲折もあり、2000年にジムニーL、2001年にジムニーJ2として2WDを設定した。後者は可愛らしいメッシュ状グリルを装着して車高も下げたが、販売は低迷している。そればかりかジムニーファンが猛反発して、早々に生産を終えた。

特別仕様車にも積極的で、春から夏にはランドベンチャー、冬季にはワイルドウインドと、季節商品のように発売している(最近はワイルドウインドが少しお休みしているが)。

そこで今回は、2014年8月に設定されたランドベンチャーを試乗した。

スズキ ジムニー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ジムニー の関連記事

スズキ ジムニーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ジムニー の関連記事をもっと見る

スズキ ジムニー の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19