autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スズキ イグニス「チャーミングな超高効率コンパクトカー」~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

試乗レポート 2016/3/17 12:37

スズキ イグニス「チャーミングな超高効率コンパクトカー」~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

スズキ イグニス「チャーミングな超高効率コンパクトカー」~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

チャーミングな超高効率コンパクトカー

イグニス。メーカーはコンパクトカーとSUVのクロスオーバーと言っているが、僕の見方はちょっと違っていて、その神髄は真っ当で健全なコンパクトカーに仕上がっている点にある。

見た目にSUVテイストを盛り込んだのは、他車との差別化と昨今のSUV人気にあやかるため。実際のところは、ヴィッツより短い全長3.7mのボディに大人4人を無理なく座らせる、超高効率パッケージングを備えたコンパクトカーである。

SUVテイストは、180mmという余裕の最低地上高と、骨太なスタイリッシュさ、そしてイマドキ感に貢献した。その反面、全高が1595mmになってしまったのは惜しいところだ。

スズキ イグニス
スズキ イグニススズキ イグニス

都市に住む人にとってタワーパーキングの利用は日常であり、全高が1550mm以下なら場所を選ばず停められる。あと20~30mm車高を落とし、かつルーフアンテナをやめてガラスプリントタイプにすればその問題はクリアされる。

イグニス・スポーツとかイグニスRとか・・・ネーミングはどうでもいいが、車高を落としてスポーツ性を高めてタワーパーキングを選ばないモデルを追加してみても面白いかもしれない。ターボとMTの組み合わせになったりしたらもう最高だ。

それはともかく、フロンテクーペをはじめとする過去のスズキ車をモチーフとしたディテール、高級素材の代わりに細部にわたるデザインへのコダワリによって安っぽさを完全に排除したインテリア、気持ちよく回るマイルドハイブリッドを採用した4気筒エンジン・・・

僕はイグニスを大いに気に入った。ハード面では荒れた路面での乗り心地に課題を残しているが、そんなことよりなにより「このクルマで出かけたら楽しそうだな」と思わせるチカラが満ちあふれているのがいい。

ただし、5人乗りなのに後席ヘッドレストが2人分しかないのはコスト優先、安全意識の欠如と言わざるを得ない。それを除けば実にチャーミングなクルマである。

スズキ イグニス

日常の使い勝手とレジャー充実を両立させたスタイリッシュなコンパクトクロスオーバー。リヤシートスライドにより、使い方に合わせアレンジできる荷室容量やApple CarPlayに対応したメモリーナビゲーション(オ プション)など便利で快適な最新設備を採用。2トーンルーフ仕様も設定した。価格は¥1,382,400(税込)から。

スズキ イグニス HYBRID MZ/2WD(セーフティパッケージ装着車) 主要諸元

車両本体価格:¥1,738,800 / 全長× 全幅× 全高(mm):3,700×1,660×1,595 / 車両重量:880kg / 定員:5人 / エンジン:水冷4サイクル直列4気筒 / 総排気量:1,242cc  / 【エンジン】最高出力:67kW(91ps)/6,000rpm / 最大トルク:118Nm(12.0kgm)/4,400rpm / 【モーター】最高出力:2.3kW(3.1ps)/1,000rpm / 最大トルク:50Nm(5.1kgm)/100rpm / JC08 モード燃費:28.0km/L / 駆動方式:前輪駆動

スズキ イグニス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ イグニス の関連記事

スズキ イグニスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ イグニス の関連記事をもっと見る

スズキ イグニス の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23