autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 なぜ、いまスズキは“軽”ではなく“小型車”にこだわるのか【イグニス 徹底解説】 4ページ目

新型車解説 2016/1/26 17:42

なぜ、いまスズキは“軽”ではなく“小型車”にこだわるのか【イグニス 徹底解説】(4/5)

なぜ、いまスズキは“軽”ではなく“小型車”にこだわるのか【イグニス 徹底解説】

発表から発売までの時間差はおよそ一ヶ月・・・その弊害とは

スズキ イグニス 発表会にてスズキ イグニス 発表会にて

問題なのは冒頭で述べた発表が「2016年1月21日」、発売は「2月18日」というおよそ1ヶ月もの時間差についてだ。

ディーラーに尋ねると「すでに発表されたので受注を行っているが、試乗車が配車されるのは発売の2月18日以降になる」と言う。となれば、今後イグニスが人気を高めて多くのユーザーが購入を希望した場合、試乗して運転感覚や居住性を確かめた上で契約すると、納車待ちの最後に並ぶことも考えられる。

「実車を見ずに注文をするか、納期の遅延を覚悟で試乗を行い、間違いのない買い方をするか」という選択を迫られる。

今はイグニスに限らず、どこも同じような売り方になった。むしろ、発表と発売を明確に示しているスズキは正直なメーカーである。大半は発表と発売を同日にしながら、実際は代替えユーザーなどを対象に1ヶ月以上も前から受注を開始する。

だから報道発表で新型車の登場を知ったユーザーがディーラーに出向けば、すでに長い行列ができているという具合だ。

予め受注を募れば売れ筋のグレードや装備が分かり、生産開始と同時に登録と納車を開始できるから時間的な効率も良い。メーカーの都合のためにユーザーが前述のような選択を迫られ、納期を短く抑えたい場合は「クルマを見ないで買う」危険をおかさねばならない。

今までのスズキはこのあたりをフェアにやってきたから、今回のイグニスには驚いた。

スズキ イグニス 発表会にて

そこでメーカーの営業担当者に尋ねると「3月の決算も控えているので、発売と生産の開始から、即座にお客様への納車を開始したい」とのことだった。

確かに発表と発売が2月18日で、そこから販売促進を開始すると3月中に登録し切れない場合もある(3月中の登録でなければ決算に反映できない)。

ほかのメーカーなら1月中から未発表の受注を開始するだろうから、発表を1月21日に行ったスズキはまだ「フェア」なのかも知れない。

しかし、それならば発表と発売を2015年中に済ませておくべきだったろう。

スズキ イグニス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ イグニス の関連記事

スズキ イグニスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ イグニス の関連記事をもっと見る

スズキ イグニス の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25