autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 【比較】スズキ ハスラー vs スズキ ワゴンRスティングレー どっちが買い!?徹底比較 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2014/4/7 20:26

【比較】スズキ ハスラー vs スズキ ワゴンRスティングレー どっちが買い!?徹底比較(3/3)

【比較】スズキ ハスラー vs スズキ ワゴンRスティングレー どっちが買い!?徹底比較

スズキ ハスラー vs スズキ ワゴンRスティングレー -装備・価格対決-

スズキ「 ハスラー 」フロントマスク

装備では、ハスラーの4WDに採用される「ヒルディセントコントロール」と「グリップコントロール」に注目したい。

ヒルディセントコントロールは、滑りやすい急な斜面を下る時、自動的にアクセルとブレーキを制御して、ペダル操作をしなくても時速約7kmでゆっくりと安定して走れる機能だ。グリップコントロールは、滑りやすい路面で駆動輪が空転すると、自動的にブレーキを作動させる。

いずれもスイッチで操作するが、横滑り防止装置などの応用技術のため、部品点数の違いはスイッチを設けた程度だ。価格も、ハスラーの4WDと2WDの価格差は12万6,360円と、安く4WD車を購入することが出来る。ハスラーは、外観のみならず、SUVとしての走破力を向上させている。

スズキ「 ハスラー 」走行イメージ2

このほかの装備では、ハスラーには時速30km以下で作動する自動ブレーキを伴った衝突回避の支援機能、横滑り防止装置などが標準装着されている(最廉価のAを除く)しかし、ワゴンRスティングレーも装着車が設けたので、安全装備の水準については大きな違いはない。

車両価格は、ハスラーXが140万8,320円、ワゴンRスティングレーX・レーダーブレーキサポート装着車は142万5,600円だ。(いづれも消費税8%)

ハスラーが1万7,280円と僅かながら安いうえに、運転席ヒーターやリアシート用のヒーターダクトが備わる。ワゴンRスティングレーのフロントマスクにLEDイルミネーションが付いたりすることを考えても、ハスラーが買い得だろう。

以上のようにハスラーは、内外装の個性だけでなく、悪路の走破力、荷室などの実用性、価格の割安感にも磨きをかけた。

今後も堅調に売れ続け、おそらく他メーカーも背の高い軽自動車にSUV風の新型車を加えるに違いない。1979年に登場した初代アルト、1993年の初代ワゴンRに続き、スズキは再び軽自動車の新たな流れを築くことになりそうだ。

スズキ ハスラー 関連ページ

スズキ ワゴンR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ハスラー の関連記事

スズキ ハスラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ハスラー の関連記事をもっと見る

スズキ ハスラー の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24