autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 【比較】スズキ ハスラー vs スズキ ワゴンRスティングレー どっちが買い!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2014/4/7 20:26

【比較】スズキ ハスラー vs スズキ ワゴンRスティングレー どっちが買い!?徹底比較(2/3)

【比較】スズキ ハスラー vs スズキ ワゴンRスティングレー どっちが買い!?徹底比較

スズキ ハスラー vs スズキ ワゴンRスティングレー -インテリア対決-

スズキ「 ハスラー 」インテリア・インパネスズキ「ワゴンR スティングレー」インテリア・インパネ

インテリアについて、まずハスラーとワゴンRスティングレーでは視界が異なる。

サイドウィンドウの下端はワゴンRの方が低めで、側方・後方ともにハスラーよりもワゴンRスティングレーの方が見やすい。ハスラーはデザインに重点を置いているためだ。もっともハスラーにも視界のメリットはあり、ボンネットの手前が少し視野に入る。車幅やボディの先端位置が分かりやすいのだ。

内装については外観と同様に、インパネの雰囲気からかなり違っている。

ATレバーとエアコンスイッチが並ぶ配置は同じだが、ハスラーはインパネの上部にオレンジやホワイトのパネルを装着。表面は滑らかな仕上がりで、デカールなどを貼ることもできる。そしてパネルの間にエアコンの吹き出し口が割り込み、シルバーのパイプで繋いだような形状に見せている。このあたりは上手に仕上げた。

一方、ワゴンRスティングレーのインパネはブラックで、表面にもシボ(模様)が入る。質感が重視されており、軽のエアロモデルの王道デザインだ。

スズキ「 ハスラー 」インテリア・フロントシートスズキ「 ハスラー 」インテリア・リアシートスズキ「ワゴンR スティングレー」インテリア・フロントシート・スズキ「ワゴンR スティングレー」インテリア・リアシート

シートは、ハスラー、ワゴンRスティングレー共に基本的には共通だ。

座り心地の良いフロントシートと、多彩なシートアレンジを可能にしながらもボリューム感を持たせているリアシートは床と座面の間隔も十分に確保されている。ハスラー、ワゴンRスティングレーのどちらも快適な車内空間が提供されている

また、ハスラーはワゴンRよりも最低地上高が高いが、全高は5mmしか違わない。そのためにリアシートの頭上空間はハスラーのほうが15~20mmほど低い。フロントシートの頭上空間は、ワゴンRがルーフラインを前方に向けて傾斜させているから、両車とも同程度だ。

収納設備については、ハスラーでは助手席の前にある収納ボックスのフタを小さなテーブルとしても使える。助手席もバックレストが水平になるまで前に倒れ、背面が少し大きなテーブルになる。こういった機能には、ハスラーの新しさを感じる。

スズキ ハスラー vs スズキ ワゴンRスティングレー -動力性能対決-

スズキ「 ハスラー 」走行イメージ1スズキ「ワゴンR スティングレー」走行イメージ1

エンジン性能の数値はハスラー、ワゴンRスティングレー共に同じで、車両重量もハスラーのX/Xターボ、ワゴンRスティングレーのX/Tは同じである。タイヤサイズに若干の違いはあるが、動力性能はほぼ等しい。

トランスミッションは、ワゴンRスティングレーはすべてCVT(無段変速AT)だが、ハスラーのノーマルエンジン車では、ワゴンRの標準ボディと同じく「5速MT」が選択できる。

両車ともに平坦路であれば、ノーマルエンジンでも動力性能の不足は感じない。発進直後の加速は鈍めだが、時速25km付近に達すれば順調に速度を上昇させる。エンジンノイズは小さくないが、不満に感じるほどではないだろう。

JC08モード燃費は、2WDのCVT装着車で見ると、ハスラーのノーマルエンジンを積んだXが「29.2km/L」Xターボが「26.8km/L」だ。ワゴンRスティングレーはXが「30km/L」ターボTが「27km/L」になる。

スズキ「 ハスラー 」タイヤ・ホイールスズキ「ワゴンR スティングレー」タイヤ・ホイール

この差は主に、タイヤとボディスタイルの違いに基づく。

ハスラーのタイヤは全車が15インチ(165/60R15)で、試乗車はダンロップ・エナセーブEC300を履いていた。指定空気圧は250kPaだ。

対するワゴンRスティングレーは、ノーマルエンジンのXが14インチ(155/65R14)のダンロップ・エナセーブEC300で、指定空気圧は280kPaと高め。ターボのTは15インチ(165/55R15)のブリヂストン・エコピアEP150を履き、指定空気圧は240kPa。ワゴンRスティングレーXはタイヤの転がり抵抗を抑え、燃費数値を向上させた。

操舵に対する反応は、ハスラー、ワゴンRスティングレーのいづれも「背が高い割に切れが良い」。旋回軌跡も拡大させにくく、しっかりと回り込む。その分だけ後輪の接地性は相対的に下がるが、不安を感じるほどではない。ただ、ハスラーは高重心のために車両の挙動も若干腰高だ。

乗り心地は両車ともに少し硬いが、最近の燃費性能を重視した軽自動車の中では満足できる。その上で違いをいえば、ハスラーは上下に揺すられる印象があり、ターボの4WDが快適に感じた。足まわりとタイヤは同じ設定だが、車両重量の違いが影響している。

ワゴンRスティングレーは、ノーマルエンジンのXが指定空気圧を高めたものの、硬めながら重厚感が伴って快適に感じる。

スズキ ハスラー 関連ページ

スズキ ワゴンR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ハスラー の関連記事

スズキ ハスラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ハスラー の関連記事をもっと見る

スズキ ハスラー の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19