autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム 【DESIGNER’S ROOM】スズキ「ハスラー」デザイナーインタビュー/スズキ株式会社 四輪製品・技術企画部 製品技術推進課 課長 服部 守悦 4ページ目

デザイナーズルーム 2014/2/4 10:44

【DESIGNER’S ROOM】スズキ「ハスラー」デザイナーインタビュー/スズキ株式会社 四輪製品・技術企画部 製品技術推進課 課長 服部 守悦(4/4)

関連: スズキ ハスラー , マツダ フレアクロスオーバー Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部
【DESIGNER’S ROOM】スズキ「ハスラー」デザイナーインタビュー/スズキ株式会社 四輪製品・技術企画部 製品技術推進課 課長 服部 守悦

イマジネーションが膨らむ瞬間

【DESIGNER’S ROOM・スズキ「ハスラー」デザイナーインタビュー】【DESIGNER’S ROOM・スズキ「ハスラー」デザイナーインタビュー】

AO:ところで服部さんがデザインを進めていくうえで、イマジネーションが膨らむ瞬間はどんな時、どんな場所でしょうか。

H:新幹線で移動しているときや、家で呑んでいるときなど、心が解放される場所、リラックスできる時間に思い浮かぶ傾向があるようです。

あとは同じデザイナーと2〜3人で何かを見に行って話しているときに、「それあるよね!」とアイディアが出ることがあります。だからチームで出張に行ったときは、自分からいろいろ見に行って刺激を受けに行くという姿勢が大切だと思っています。逆に机に向かっているとなかなか発想が出てきませんが、会社員ですから社内にいる必要もあるわけで、外で浮かんだアイディアを会社に戻ってカタチにするというパターンで仕事をすることが多いですね。

引き出しを増やすためには、自ら動かないと絶対にダメ

【DESIGNER’S ROOM・スズキ「ハスラー」デザイナーインタビュー】

AO:最後に、これからカーデザイナーを目指す若い人にアドバイスをお願いします。

H:デザイナーって、こだわりがすごいんです。この良さがなんで分からないんだろうとか。でも営業などの人から「それはダメだ」と言われたときに、シュンとなってしまう人は厳しいですね。そのときに別のアイディアを出せる人。つまり引き出しの多さが大切だと思います。引き出しを多くするには、いろんなモノを見ることです。それもネット上だけではなく、自分の足で動き、自分の目で見ることです。残る結果が違いますから。料理とか、建築とか、いろんな分野にアンテナを張ることも重要でしょう。そのときに造形だけではなく、雰囲気や考え方、背景まで見ていくことも大切です。いつも通る道でもそういう目で見ると、いいカタチに巡り合うものです。

服部氏の愛車遍歴を聞いて、妙に納得する

【DESIGNER’S ROOM・スズキ「ハスラー」デザイナーインタビュー】

実は服部氏、これまでフィアットやルノーなど、趣味性の高い中古の輸入車を何台も乗り継いできた。エンスージァストと呼びたくなるほどのクルマ好きなのだった。その車歴を聞いて、なぜハスラーのデザインが魅力的なのか、理由がなんとなく分かった。

服部氏が最後に口にした、「引き出しを多くする」「自分の目で見る」という言葉は、まさに自分自身が実践してきたことだったのだ。取材を終えたあと、もう一度ハスラーのデザインを眺めると、机上の知識も大切だけれど、心と体で経験することはもっと大事だということを教えられた。

[レポート:森口将之/Photo:オートックワン編集部]

筆者: 森口 将之

スズキ ハスラー 関連ページ

マツダ フレアクロスオーバー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ハスラー の関連記事

スズキ ハスラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ハスラー の関連記事をもっと見る

スズキ ハスラー の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26