autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スズキ 新型エブリイワゴン 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2015/3/23 12:55

スズキ 新型エブリイワゴン 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/4)

スズキ 新型エブリイワゴン 試乗レポート/渡辺陽一郎

国産乗用車メーカーの半数がOEMを扱うモデル

スズキ 新型エブリイワゴン

スズキの軽自動車といえば、「ワゴンR」や「ハスラー」、先ごろターボRSを加えた「アルト」などを連想するが、今回取り上げるのはエブリイワゴンだ。軽商用バンのエブリイをベースに開発されたワゴンになる。バン仕様と併せて、2015年2月にフルモデルチェンジを受けた

今は軽自動車の人気が高く、新車販売されるクルマの約40%に達したが、軽自動車の約20%は商用車が占める。

しかもエブリイと同ワゴンは、ほかのメーカーに供給されるOEM車が多い。ワゴンであればマツダ「スクラムワゴン」、日産「NV100クリッパーリオ」、三菱「タウンボックス」として3メーカーに供給される。日本の乗用車メーカーは8社だから、半数がエブリイワゴンかそのOEM車を扱うわけだ。

スズキ 新型エブリイ

本来ならば日産と三菱は、日産「デイズ」&三菱「eKワゴン」のように軽商用車も自社開発すべきだが、開発や生産のコストと得られる利益が折り合わない。だからといって軽商用車の取り扱いを終了すればユーザーを逃してしまう。そこでOEM車になった。軽自動車は薄利多売で、商用車は乗用車ほど売れないのが辛いところだ。

逆に製造メーカーのスズキには、OEMは悪くない話だ。通常はクルマを売るにはメーカーも相当の販売コストを負担するが、OEM車なら大幅に軽減される。得意な生産だけを行えば良いから効率が高い。

トヨタ「ヴェルファイア&アルファード」を上回る車高

スズキ 新型エブリイワゴン
スズキ 新型エブリイワゴンスズキ 新型エブリイワゴン

新型エブリイワゴンの外観は、先代型に良く似ている。新旧の写真を比べると、間違いを探すクイズのようだ。商用車は荷室の広さが重要だから、ボディやドアパネルは直立させ、フロントウインドーと前席はなるべく前へ押し出したい。となれば先代型と変えようがないのだ。

それでも細部は異なり、新型ではラジエターグリルが直線的になった。ヘッドランプの上端部分は少し切り上げて、にこやかだった表情に適度な引き締まり感を与えている。

ボディサイドでは、サイドウインドーの前端が少し下がり、ドアミラーの視認性を向上させた。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は30mm拡大されて2430mmになり、若干の違いではあるが視覚的な安定感も増している。

軽自動車だから全長と全幅は変わらず3395mm/1475mm。全高は標準ルーフが20mm高まって1815mm、ハイルーフは30mmプラスされて1910mmになった。全高はトヨタ「ヴェルファイア&アルファード」を上まわるほどだ。

スライドドアの開口幅は、ホイールベースの拡大によって15mm増えて775mmになる。スズキ「スペーシア」の580mm、ホンダ「N-BOX」の640mmよりも大幅にワイドだ。

ちなみにスライドドアの開口幅を広く取れたのは、ボディの側面が長いから。エンジンはボンネットの内部ではなく、前席の座面の下に搭載する(ホンダ「バモス」は荷室の床下)。そのためにフロントウインドー、前席、フロントドアが前進して、スライドドアの開口幅が広がった。もちろん車内の後部も広い。

スズキ エブリイワゴン 関連ページ

スズキ エブリイ 関連ページ

マツダ スクラムワゴン 関連ページ

日産 NV100クリッパーリオ 関連ページ

三菱 タウンボックス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ エブリイワゴン の関連記事

スズキ エブリイワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ エブリイワゴン の関連記事をもっと見る

スズキ エブリイワゴン の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29