autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 スズキ エスクード vs ホンダ ヴェゼル どっちが買い!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2015/11/26 18:04

スズキ エスクード vs ホンダ ヴェゼル どっちが買い!?徹底比較(2/4)

スズキ エスクード vs ホンダ ヴェゼル どっちが買い!?徹底比較

スズキ エスクード vs ホンダ ヴェゼル/インテリア比較

スズキ エスクードホンダ ヴェゼルハイブリッド

インパネのデザインは、エスクードがシンプルに仕上げた。

カーナビの画面やエアコンは中央部分に機能的に配置している。エアコンのスイッチは位置が少し低めだが操作性は良い。横長に装着されたシルバーのパネルに刻まれた模様は好みが分かれそうだが、質感に不満はない。

ヴェゼルはフィットに似た印象だが、質感はコンパクトSUVでは高めの水準になる。

エアコンはタッチパネル式。エスクードのプッシュ式スイッチと違って手探りの操作がしにくいが、見栄えは日本車的な価値観で見れば良いだろう。このあたりは一長一短だ。

スズキ エスクード vs ホンダ ヴェゼル/シート・居住性比較

スズキ エスクードスズキ エスクードホンダ ヴェゼルハイブリッドホンダ ヴェゼルハイブリッド

前席は両車とも十分なサイズがある。

座り心地はエスクードは座面が硬めで、腰の近辺をしっかりと支えるタイプだ。シートの生地は本革&スエードで、伸縮性が乏しいことも硬めに感じる理由だろう。欧州のベーシックカーを連想させ、日本車のシートに座り慣れていると、ボリュームやリラックス感覚が乏しく感じる。高い速度域の長距離移動を視野に入れた造りだ。

ヴェゼルの前席は体がシートに適度に沈んで馴染みやすい。それでも背もたれの腰が当たるところは硬めに造り込まれ、着座姿勢は乱れにくい。両車ともに持ち味は違うが満足できるシートに造り込んだ。

後席は、エスクードは前席と同様に座り心地が硬めになる。座面の前側を適度に持ち上げて、大腿部が座面から離れるのを防いだ。座面の奥行寸法は十分に確保したが、足元空間は広くない。

身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ1つ半程度にとどまる。それでも前席の下に十分な空間があって足が収まりやすいため、視覚的に感じるほど狭くはない。

ヴェゼルはホイールベースがエスクードに比べて110mm長く、後席の足元空間もかなり広い。エスクードと同様の測り方で、後席に座る乗員の膝先には握りコブシ2つ半の余裕がある。Lサイズセダンに匹敵するから、4名で乗車しても快適だ。

座り心地は前席ほど柔軟ではないが、底突き感もなく、おおむね快適に座れる。前席はエスクードに欧州車感覚の個性を感じるが、ファミリーユーザーが居住性を重視して選ぶならヴェゼルが適するだろう。

スズキ エスクード vs ホンダ ヴェゼル/荷室・シートアレンジ比較

スズキ エスクードホンダ ヴェゼルハイブリッド

次は、荷室の使い勝手を比べたい。

エスクードの荷室容量は5ドアハッチバックと同等だ。専用のラゲッジボードを高い位置にセットして、後席の背もたれを前に倒すとフラットで広い荷室に変更できる。ただし荷室の背面には傾斜が付いて、特に工夫された印象はない。

一方、ヴェゼルはプラットフォームの基本形状がフィットに準じるため、燃料タンクを前席の下に搭載する(エスクードは一般的な搭載方法で後席の下側)。なので後席を床面へ落とし込むように畳める。

荷室の床も低いために容量が大きく、サイズによっては自転車も積める。後席の座面を持ち上げて、車内の中央に背の高い荷物を持ち込むことも可能だ。荷室とシートアレンジの機能はヴェゼルが圧倒的に勝る

スズキ エスクード 関連ページ

ホンダ ヴェゼル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ エスクード の関連記事

スズキ エスクードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ エスクード の関連記事をもっと見る

スズキ エスクード の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21