autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 エンジンもマニュアルも“専用チューニング”、新型「アルトワークス」は“買い”か [徹底解説] 2ページ目

新型車解説 2015/12/24 11:58

エンジンもマニュアルも“専用チューニング”、新型「アルトワークス」は“買い”か [徹底解説](2/3)

エンジンもマニュアルも“専用チューニング”、新型「アルトワークス」は“買い”か [徹底解説]

ベースはRSだが、随所に本格的なチューニングが施される

スズキ 新型アルトワークス
スズキ 新型アルトワークススズキ 新型アルトワークス

そこで真打ち登場!

2015年12月24日、いよいよ「スズキ アルトワークス」がデビューした。外観は第44回東京モーターショー2015の参考出品車とほぼ同じ。

直接のベースは前述の「アルトターボRS」で、同様のエアロパーツが装着される。これにワークスではカーボン調アッパーガーニッシュ、赤のフロントブレーキキャリパーなどを加えた。

フロントマスクには「WORKS」のロゴが入り、ターボRSとの識別は容易だ。タイヤサイズは165/55R15だからターボRSと同じだが、ホイールサイズは異なる。

ターボRSは15インチの4.5Jだが、ワークスは同じ15インチでも5Jにワイド化して操舵感が機敏になるよう配慮した。ホイールはENKEI製だ。

内装ではRECARO(レカロ)製フロントシートを標準装着。サイドサポートの張り出しが大きなスポーツ走行に適した造りで、軽自動車の室内幅に合わせたからリクライニングの調節も行いやすい。

レッドのステッチをあしらった本革巻きのステアリングホイール、ステンレス製ペダルプレートなども備わる。

スズキ 新型アルトワークススズキ 新型アルトワークススズキ 新型アルトワークススズキ 新型アルトワークススズキ 新型アルトワークス

エンジンや5MTもアルトワークス“専用”に

スズキ 新型アルトワークス

そしてエンジンはワークス専用のチューニングが施され、最高出力は64馬力(6000回転)、最大トルクは10.2kg-m(3000回転)になる。

最高出力はターボRSを含めたほかのターボ車と同じだが、最大トルクはターボRSに比べて0.2kg-m高い。

冷却水の制御温度を88度から82度に下げて燃焼温度も低減。充填効率を高めてノッキング(自然着火)も生じにくく、数値上の性能だけでなく吹き上がりも機敏になった。

スズキ 新型アルトワークス

トランスミッションは5速AGSに加えて待望の5速MTを設定。後者はワークス専用に開発され、同じ5速でもAGSとはギヤ比が違う。1~4速をクロスレシオ(ギヤ比の差が小さい設定)にすることで、高回転域を保ちやすくした。

またワークス専用とあってダイレクトなシフト操作が行えるように配慮され、RECAROのシートに合わせて取り付け位置も最適化されている。

一方、5速AGSにも専用のチューニングを施し、ターボRSよりもスポーティな走りが行える制御プログラムを採用。変速時間は最大10%短縮され、ターボRSと同様にパドルシフトも備わる。足まわりにも専用のチューニングを施した。

ショックアブソーバーはカヤバ製で減衰力をワークス専用にチューニング。挙動の収まり方を向上させると同時に、ボディの傾き方を穏やかにしている。電動パワーステアリングも専用にセッティングした。前述のようにホイールサイズも変更を受けたから、旋回性能はターボRS以上に高い。

以上のようにアルトワークスは、アルトターボRSをベースに、エンジン、足まわり、さらに内外装を含めて、さまざまな機能と装備を上級化した。

特に5速MTをギヤ比まで含めて専用開発したことなど、かなり力が入っている。

スズキ アルトワークス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ アルトワークス の関連記事

スズキ アルトワークスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ アルトワークス の関連記事をもっと見る

スズキ アルトワークス の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21