autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 スズキ 新型ラパン vs ダイハツ ミラココア どっちが買い!?徹底比較 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2015/8/12 09:42

スズキ 新型ラパン vs ダイハツ ミラココア どっちが買い!?徹底比較(3/3)

スズキ 新型ラパン vs ダイハツ ミラココア どっちが買い!?徹底比較

新型ラパン vs ミラココア/エンジン・動力性能比較

両車ともにエンジンはノーマルタイプを搭載する。背の高い軽自動車と違ってボディが比較的軽く、峠道や高速道路の登坂路を除くと力不足を感じにくい。その上で比べると動力性能はラパンが勝る

スズキ 新型アルトラパンダイハツ ミラココア

まずはエンジンの特性だ。

ミラココアは6.1kg-mの最大トルクを5,200回転で発揮するから少し高回転指向。4,500回転付近から加速が活発化する性格がある。ラパンは最大トルクが6.4kg-mで、4,000回転で発生する。ミラココアよりも実用回転域の駆動力が高く、運転がしやすい。

車両重量も異なり、ミラココアの2WDは810kgだが、ラパンのCVT(無段変速AT)仕様は680kgに収まる。軽自動車で130kgの違いは大きく、動力性能に差が生じた。

なお、ラパンで最も価格の安いGには「5速AGS」が装着される。ATではあるがCVTではなく、シングルクラッチを使った5速タイプ。同じ機能を備えたエブリイやアルトに比べると、半クラッチ制御がさらに洗練され、シングルクラッチATにありがちな変速時のギクシャク感(駆動力が途絶えることによる前後方向の揺れ)を上手に抑えた。

新型ラパン vs ミラココア/走行安定性比較

スズキ 新型アルトラパン

ラパンは、現行型のアルトから採用が開始された新しいプラットフォームを使う。軽量でボディ剛性も高く、天井は軽自動車では低めだから、低重心と相まって4輪の接地性は良好だ。走行安定性は優れた部類に入る。

ただしボディの基本性能が高まると、欲が出るというか、さらなる改善点も生じる。まずはスタビライザー(ボディの傾き方を制御する棒状のパーツ)が装着されないこともあり、カーブを曲がったり車線を変更する時に、ボディが大きめに傾く。この動きはもう少し抑えたい。

またスズキの軽自動車にありがちな傾向として、電動パワーステアリングの操舵感が少し曖昧だ。特に切り始めの段階で車両の向きが変わりにくく、もう少し正確性を高めて欲しい。加えてラパンのステアリングは、ギヤ比がほかの軽自動車に比べて低い(ローギヤード)。

右側から左側まで最大舵角を回した時のロック・トゥ・ロックは4.1回転。運転のしやすさを考慮したためだが、これも前述の曖昧さを助長する。車庫入れ時などのハンドル操作も忙しい。プラットフォームを刷新した結果、ステアリング関連の古さが目立ってきた。

一方、ミラココアは設計が古いこともあり、ラパンに比べると全般的に運転感覚が緩い。操舵に対する反応も鈍めで、速度を高めて曲がれば旋回軌跡を拡大させやすいが、バランスは取れている。それでも前後のサスペンションにスタビライザーを組み込んだムーヴは、高重心でありながら、直進時、旋回時ともに安定性を高めた。

ムーヴと同じプラットフォームを使ってミラココアを新たに開発すれば、コンパクトカーに匹敵する運転感覚を得られるだろう。

新型ラパン vs ミラココア/乗り心地比較

設計の新しいラパンが有利で、やや硬めではあるが軽自動車としては快適に仕上げた。

大きめの段差を乗り越えた時の突き上げ感も上手に抑えている。タイヤが路面の上を転がる時のノイズは小さくないが、総合的な快適性は高い。このラパンに比べると、ミラココアは少し粗い印象で設計の古さを意識させる

新型ラパン vs ミラココア/安全・快適装備比較

スズキ 新型アルトラパン

安全装備では大差が付く。

ラパンは、赤外線レーザーを使った衝突回避の機能を全車に標準装着した。作動速度の上限は時速30kmだが、緊急自動ブレーキを作動させることも可能だ。横滑り防止装置も全車に標準装着している。今後はサイド&カーテンエアバッグも設定して欲しい。

ミラココアはこれらの安全装備がすべて用意されない。

新型ラパン vs ミラココア/燃費比較

2WDモデルで見ると、売れ筋になるラパンのCVT装着車は、JC08モード燃費が「35.6km/L」。最も価格の安い「G」は、5速AGSでアイドリングストップも付かず「29.6km/L」になる。

ミラココアはCVT装着車のみで、アイドリングストップも採用するが、JC08モード燃費は「29km/L」だ。ラパンは軽量化を含めた数々の低燃費技術により、優れた数値を達成している。

エコカー減税は、ラパンの2WDはすべて免税。ミラココアは自動車取得税が80%、同重量税が75%の減税になる。ボディが軽いこともあり、エンジンは両車ともにノーマルタイプのみ。ターボは用意していない。

新型ラパン vs ミラココア/グレード・価格の割安感比較

ラパンのグレードは4種類。最も安いのは5速AGSのG(107万7,840円)で、最上級はアルミホイールなどを装着するX(138万9,960円)だ。そして買い得なのはS(128万5,200円)になる。

ミラココアでは、ルーフレールなどを装着したプラスX(140万4,000円)もあるが、買い得グレードは実用装備を充実させたX(129万6,000円)だ。ラパンは設計の新しい車種とあって、Sの価格をミラココアXよりも約1万円安く抑えた。しかも衝突回避の支援を行うレーダーブレーキサポート、横滑り防止装置などを標準装着する。

ミラココアはエアコンのオート機能などを備えるが、買い得感はラパンが勝る

新型ラパン vs ミラココア/総評・どっちが買い!?

スズキ 新型アルトラパンダイハツ ミラココア

ラパンとミラココアでは、登場時期に約6年の差がある。

クルマの技術は日進月歩だから、特に安全面と燃費性能では、ラパンが大幅にリードしている。

デザインの好みが左右するジャンルではあるが、客観的に比べればラパンが明らかに買い得だ。

またこの2車種が類似したアイデア商品であることは否めず、先に実現させたのは2002年に登場した初代アルトラパン。この点でもラパンには、本家としての優位性がある。

ミラココアは安全装備が遅れていて、プラットフォームの設計も古い。大幅なテコ入れが必要になった。

スズキ アルトラパン 関連ページ

ダイハツ ミラココア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ アルトラパン の関連記事

スズキ アルトラパンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ アルトラパン の関連記事をもっと見る

スズキ アルトラパン の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22