autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 スズキ 新型ラパン vs ダイハツ ミラココア どっちが買い!?徹底比較 2ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2015/08/12 09:42

スズキ 新型ラパン vs ダイハツ ミラココア どっちが買い!?徹底比較(2/3)

スズキ 新型ラパン vs ダイハツ ミラココア どっちが買い!?徹底比較

新型ラパン vs ミラココア/内装比較

スズキ 新型アルトラパンダイハツ ミラココア

ラパンとミラココアの内装は、若い女性ユーザーに向けた商品とあって、両車ともに質感を重視している。

基本的なレイアウトは水平基調で、インパネ中央の下側にATレバーとエアコンスイッチを配置した。メーターの視認性を含めて、実用的な機能に大差はない。

収納設備と装飾類は、設計の新しいラパンが凝っている。インパネの手前をテーブルのように仕上げ、上級のXやSでは明るい木目調とした。

この下側(助手席の前側)には収納ボックスが装着され、初代アルトラパンよりもサイズの大きな引き出し式。ボックスティッシュが収まる容量がある。演出といえばそれまでだが、自宅にいるようなリラックス感覚を味わえる。

新型ラパン vs ミラココア/居住性比較

スズキ 新型アルトラパンスズキ 新型アルトラパンダイハツ ミラココアダイハツ ミラココア

軽自動車の場合、車内が広いのは全高が1,600mmを超える背の高い車種だけだと思われがちだが、ラパンとミラココアの後席もかなり広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は、ラパンが握りコブシ2つ半。ミラココアも2つ少々に達する。

フィットと同程度だから、後席の足元空間は前後長についてはコンパクトカーの平均水準を上まわる。

座り心地は、前席は両車ともに快適。特にラパンは座面の奥行にタップリした余裕があり、ファブリックのシート表皮は伸縮性が良いから座り心地も柔軟だ。

後席はラパンの場合、体が深く沈むのは良いが、乗員の腰骨が背もたれと座面の間にあるシートの骨格に当たりやすい。深く座るのが基本だから、改善を施して欲しい。ミラココアも座面の底突き感が少し伴うが、さほど不満はない。

新型ラパン vs ミラココア/荷室比較

スズキ 新型アルトラパンダイハツ ミラココア

両車ともに荷室は狭い。

全高が標準ボディは1,550mmを下まわり、後席の足元空間を広げたから取り付け位置は後ろ寄りだ。しかもリアゲートを少し寝かせたから、車内の最後部に位置する荷室はさらに狭くなった。

ミラココアで注意したいのは、後席の背もたれの前倒し機能が左右一体型になることだ。

分割して倒せないから、3名乗車で荷物を積む時には不便を感じる。その点、ラパンは背もたれを左右分割して倒せるため、後席にチャイルドシートを装着した時なども使いやすい。

後席の分割可倒機能はミラココアにも必要だろう。