autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【新旧比較】「スズキ アルト」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 4ページ目

特別企画 2015/3/12 12:15

【新旧比較】「スズキ アルト」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(4/4)

【新旧比較】「スズキ アルト」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

グレード構成と価格設定

スズキ 新型(8代目)アルトスズキ 旧型(7代目)アルト エコ

先代型のグレード構成は、乗用タイプがベーシックなアルトF、燃費を向上させたアルトエコLと上級のSという設定で、バンのVPも用意していた。

新型は選択肢がさらに広がり、乗用タイプはベーシックなF、JC08モード燃費が37km/Lの低燃費を達成しながら価格を90万円以下に抑えたL、電動格納式ドアミラーや全面UVカットガラスを備えた売れ筋のS、さらに前後のスタビライザーやキーレスプッシュスタートなどを備えた上級のXがあり、これに追加設定されたターボのRSも選べる。このほかにバンのVPもあるから、ワイドなグレード展開となった。

価格は先代型のエコSが97万920円。新型のSが100万2240円。先代型に比べて新型は3万1320円高いが、横滑り防止装置などが追加され、前述のように居住性、走行性能、乗り心地も向上した。実質的な値下げと考えて良いだろう。

進化度数:6点/10点(順当に進化した)

総合評価

スズキ 新型(8代目)アルトスズキ 新型 アルトターボRS

フルモデルチェンジを行えばクルマが進化するのは当然だが、新型アルトの進化度数は大きい。居住性、走行性能、乗り心地、安全装備、さらに燃費まで、クルマのさまざまな機能をバランス良く向上させたからだ。

特に後席の居住性と乗り心地が快適になり、安全装備も充実したから、一部はワゴンRのユーザーまでカバーできる。長距離の移動にクルマを使わない世帯なら、ファミリーカーにもなり得るだろう。

唯一、気になる点を挙げると、先代型ほど小柄なドライバーに合わせた設計にしていないことだ。運転席もサイズが増して、床と座面の間隔も広がった。身長150cm前後のドライバーは、ペダルの操作性などを確認したい。それでもワゴンRやスペーシアに比べれば、着座位置は低めに抑えられている

軽自動車には高齢の女性ユーザーも多い。アルトやミライースは、小柄な体格に合った着座姿勢と視界が得られる点でも、貴重なクルマになっている。

進化度数:7点/10点(大幅に進化した)

スズキ アルト進化度数 総合結果

ボディスタイル&サイズ:4点

内装のデザイン&居住性:7点

動力性能 :5点

走行安定性 :8点

乗り心地 :7点

快適&安全装備 :9点

燃費性能 :5点

グレード構成&価格設定:6点

総合的な進化度数 :7点

スズキ アルト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ アルト の関連記事

スズキ アルトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ アルト の関連記事をもっと見る

スズキ アルト の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29