autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム スズキ 新型「アルト」デザイナーインタビュー/スズキ株式会社 四輪デザイン部 チーフデザイナー 内山 一史【DESIGNER’S ROOM】 2ページ目

デザイナーズルーム 2015/2/6 08:19

スズキ 新型「アルト」デザイナーインタビュー/スズキ株式会社 四輪デザイン部 チーフデザイナー 内山 一史【DESIGNER’S ROOM】(2/6)

関連: スズキ アルト Text: 森口 将之 Photo: 和田清志・スズキ
スズキ 新型「アルト」デザイナーインタビュー/スズキ株式会社 四輪デザイン部 チーフデザイナー 内山 一史【DESIGNER’S ROOM】

デザインのテーマは「クオリティ×プロポーション」

スズキ 新型「アルト」デザイナーインタビュー/スズキ株式会社 四輪デザイン部 チーフデザイナー 内山 一史【DESIGNER’S ROOM】

AO:新型をデザインするにあたって、まずどんなことを考えたのでしょうか。

U:デザインのテーマは「クオリティ×プロポーション」です。さらに初代のスピリットを見直そうということで、機能を重視した、最高の実用車を作ろうという意識で取り組みました。先代は少し女性向けを強調した造形だったのですが、新型は老若男女問わずに好きになれるデザインを目指しました

AO:軽自動車でプロポーションという言葉を聞くのがとても珍しいのですが。

U:最近の軽自動車はセダンタイプであっても、室内を広くするために背を高くする傾向にありました。でも新型アルトは、クルマらしく見えるカタチにこだわりました。背は低く、ノーズが明確で、キャビンは小さく見えるという方向性です。

デザインが軽量化にも寄与!?

スズキ 新型「アルト」デザイナーインタビュー/スズキ株式会社 四輪デザイン部 チーフデザイナー 内山 一史【DESIGNER’S ROOM】

AO:背が低いクルマは空力を追求する傾向にありますが、その点についてはどうですか。

U:空力を重視するのであれば、違うカタチになったでしょう。このクルマは燃費がすべてではありません。カッコ良く見せることが大切だと考えて、このデザインに行き着いたのです。

AO:新型アルトは軽量化も話題になっていますが、デザイン面で軽量化に貢献した部分があれば教えてください。

U:プロポーションを追い求めた結果、ガラス面積が小さくなり、全高も先代より低くなったことで、軽量化に貢献しています。さらにフロントフェンダーを樹脂化しました。ただしこれは、スティールパネルとの合わせが大変でした。

インパネの造形も軽量化を考えた結果です。この点についてはプロポーションと同時進行で追求していきました。

[軽自動車離れしたデザイン表現の秘密に迫る!・・・次ページへ続く]

スズキ アルト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ アルト の関連記事

スズキ アルトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ アルト の関連記事をもっと見る

スズキ アルト の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27