autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スズキ アルト試乗レポート/竹岡圭 2ページ目

試乗レポート 2010/1/21 19:30

スズキ アルト試乗レポート/竹岡圭(2/2)

関連: スズキ アルト Text: Photo: 小平寛/オートックワン編集部
スズキ アルト試乗レポート/竹岡圭

今度のアルトは違う!パワフルだから高速道路でなんなく乗れる

スズキ アルト

今回メインで試乗したのは、トップグレードのX。102万9000円のモデルである。NAエンジンとはいえ、パレットから採用された副変速機付きのCVTが搭載されているので、文句ナシにパワフル!今までの概念では、ベーシック軽のNAモデルは、いまいちパワーがないと思っている方が多いと思うのだが、今度のアルトは違う。NAでも高速道路でなんなく流れに乗れてしまうくらいパワフルなのだ。

それもこれも、もともと低中速域が得意なスズキのエンジンに、副変速機付きCVTが付いてさらに低速域のトルクがアップされているため、走り出しから出遅れず流れに乗っていける。またペダルレスポンスも女性の感覚にピッタリとマッチするくらいのリニアさで、中間加速もしっかりしている。これもCVTが美味しいところを瞬時に捉えてくれるためだろう。

さらに、高速域では欲しい速度になったらアクセルペダルの力をスッと抜けば低回転域に落ちるので、実に快適な室内環境が得られるのも嬉しいポイント。エンジン音が予想以上に静かなので、逆にロードノイズなどが気になるくらいで、やはり毎日乗るものだけに、快適性は外せない。そしてそのまま加速していくと、80タイヤのヨレ感を少々感じることもあるが、それくらいパワートレインは逞しいということだ。

ハンドリングの設定も、極端に女性に向けたオットリ仕様に振っていないところがGood!最近女性メインターゲットのクルマというと、ちょっとしたステアリング操作でクルマの向きがなかなか変わらなくて、逆に怖い思いをするクルマも中にはあったりする。あまりに神経質にクルマが過敏反応するのも疲れてしまうけれど、あまりに動かないのも逆に不安になるものだ。アルトは切った分だけ反応してくれるので、実にコントロールしやすい。これならば、毎日気軽にとアピールするのも納得できる。欲を言えば、本当に元気よく走るので高速域の安定性がもう少し欲しい。例えば80から65くらいの扁平率のタイヤに変えたらどうなるのか、ちょっと試してみたいところだ。

さて、最後にアルトのデザインは、ユニセックスモデルに仕上がっていると思う。可愛すぎず、クールすぎず、誰にでも受け入れやすいデザインになっていると感じる方が多いのではないだろうか。私が個人的にいいなぁ!と思ったのはインテリア。かなり質感が高い。このクラスでこれくらいの質感を保ってくれると、毎日の満足度が高い。運転席から毎日見えるのはやはりインテリアなので、特に女性にとっては、ここは絶対無視できないポイントなのだ。

初代に立ち戻ったどころか、十二分に魅力的に進化した7代目アルトが、新たな伝説を作ってくれるのを楽しみにしたい。

スズキ アルトスズキ アルトスズキ アルトスズキ アルトスズキ アルト

スズキ アルト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ アルト の関連記事

スズキ アルトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ アルト の関連記事をもっと見る

スズキ アルト の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19