autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スズキ アルト 試乗レポート/藤島知子 2ページ目

試乗レポート 2010/1/18 19:11

スズキ アルト 試乗レポート/藤島知子(2/2)

関連: スズキ アルト Text: 藤島 知子 Photo: 小平寛/オートックワン編集部
スズキ アルト 試乗レポート/藤島知子

軽自動車に乗っていることを忘れそうなレベルの高い乗り心地

スズキ アルトスズキ アルト

今回のアルトには、2,400mmのロングホイールベースをもつワゴンRのプラットフォームが採用されている。それによって、前後乗員の距離が15mm広がった。

室内高は10mmの拡大だが、ガラスエリアが広めにとられていることと、前席の座面の高さが10mm高まっていることで、走行中も見晴らしがよく、明るい気分で伸び伸びとドライブを楽しむことができる。

前席は10mm単位で24段階の調整、240mmのスライドが可能になっており、個々の体格に応じてより最適な運転姿勢をとることが可能になった。運転席からの視界については、サイドウインドウの下辺が低めに設定し、三角窓も採用されていることで、交差点の右左折や縦列駐車などのシチュエーションで障害物が把握しやすい。

また、ドアの開口部のスペースを拡大し、後席足もとのステップの段差を小さくすることで乗り降りの際の負担を軽減するだけでなく、後席はハッチ側の壁が削られたことで、チャイルドシートに子供を乗せ降ろしする際のスペースが広がって、作業する人の負担も少なくなっているのだそうだ。

スズキ アルト
スズキ アルトスズキ アルト

使い勝手の良さにもいっそう磨きをかけてきたアルト。

ユーティリティを見てみると、これまでフタ付きの収納だった部分をサッと小物が出し入れできる大型のポケットに変更していたり、大型化したハザードスイッチは取り付け位置自体を分かりやすい位置に変更、シフトレバーはインパネではなく、ご年配の方が直感的に扱えるようにフロアシフトが採用されている。

そのほかにも、4人が座ったままの状態でA型ベビーカーが乗せられる荷室スペースや、A4地図が収まるドアポケット、5つのドリンクホルダーなど、とくに真新しい工夫はないベーシックな造りになっているが、細かな部分の使いやすさにコダワリが感じられる。

また、今回私が最も驚かされたことは、快適性の高さが大幅にアップしているところ。

スズキ アルトスズキ アルト

試乗した副変速機構付きのCVT仕様は、青信号からの加速も比較的フラットな加速特性をみせ、CVTの重量が増した分、しっとりとしたフィーリングを与えながらも、まどろっこしさを感じさせないゆとりの走りを披露してくれる。

ワゴンRゆずりの足まわりはじつにしなやかで、コーナーを走行する際は女性でもロールが自然で不安無く駆け抜けることができそうだ。また、これまで段差を乗り越えるさいに感じてしまいがちだったブルつき感がエンジンマウントの液封化によって、足まわりからの振動を受けにくく、乗り心地面が大幅に向上していると感じられた。

これは、ひと昔まえのリッターカーよりレベルが高く感じられる点で、走りはじめてしばらくは軽自動車に乗っていることすら忘れさせられていたことにハッとなってしまうほどだった。

筆者: 藤島 知子

スズキ アルト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ アルト の関連記事

スズキ アルトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ アルト の関連記事をもっと見る

スズキ アルト の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21