autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スズキ アルト ターボRS 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2015/3/19 11:24

スズキ アルト ターボRS 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/3)

関連: スズキ アルト Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 阿部昌也
スズキ アルト ターボRS 試乗レポート/渡辺陽一郎

好みが分かれる個性派トランスミッション「5速AGS」

スズキ アルト ターボRS 試乗レポート/渡辺陽一郎スズキ アルト ターボRS 試乗レポート/渡辺陽一郎

注目すべきは5速AGSとの組み合わせだろう。最初に搭載された「キャリイ」、次いで現行「アルト」、さらにアルト ターボRSとフィーリングが進化してきた。変速時のクラッチの滑らせ方も巧みで、シングルクラッチATにありがちな変速ショックを抑えている。

それでもツインクラッチ式、あるいはトルクコンバーター式ATのような滑らかな繋がり方ではない。

特にフルにアクセルペダルを踏み込んだ加速では、速度の上昇が変速時に一度途切れ、変速後に再び加速する違和感が生じる。制御の仕方は先行発売されたアルトより進化したが、アルト ターボRSは動力性能が高い。なのでフル加速をすれば、変速のたびに前後に揺すられる。

スズキ アルト ターボRS 試乗レポート/渡辺陽一郎

5速AGSの評価はドライバーの好みや経験でも異なるが、使う時のコツは、マニュアルトランスミッションとATの中間的な機能と考えることだ。Dレンジの場合、変速のタイミングを見計らってアクセルペダルを少し緩めれば、クラッチの作動とタイミングが合ってスムーズに加速できる。

パドルシフトなどを使ってマニュアル操作をする時は、クラッチペダルを踏んでいるつもりで、アクセルを含めたシフト操作を行うと良い。不快な前後の揺れはほとんどなく、高い動力性能と相まって機敏に加速できる。

よりマニア好みな5速MTの追加設定はあるのか!?

スズキ アルト ターボRS 試乗レポート/渡辺陽一郎スズキ アルト ターボRS 試乗レポート/渡辺陽一郎

ただし「MT車のように気を使ってATを操作するくらいなら、素直に普通の5速MTを選びたい」という意見もあるだろう。この点について開発者に尋ねると「技術的には可能だが、5速MTをアルト ターボRSに装着するには、独自のスポーティなチューニングが必要になる。月販平均が500台の計画では、コストと折り合わせるのが難しい」という趣旨の返答だった。さまざまな車種に採用されるCVT(無段変速AT)を使わなかった理由は「スポーティモデルとあって、ダイレクトな運転感覚を重視したため」だという。

となれば最初は5速AGSのみの設定でも、売れ行きが好調で市場の声も高まれば、5速MTが用意されるかもしれない。

個人的には、今の5速AGSもアリだと思った。5速MTなら普通に扱えてスッキリするが、5速AGSに似たATは、コンパクトな欧州車も使っているからだ。アルトターボRSの変速感は「シトロエン DS3 シック」などを連想させる。ユーザーによっては、5速AGSを面白いと感じることもあるだろう。

[価格の安さにびっくり・・・次ページへ続く]

スズキ アルト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ アルト の関連記事

スズキ アルトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ アルト の関連記事をもっと見る

スズキ アルト の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23