autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スズキ アルト ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

試乗レポート 2015/3/13 14:47

スズキ アルト ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

スズキ アルト ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

軽自動車の本質を突き詰めた魅力

新型アルトはとても魅力的だし、爆発的に売れて欲しいと思っている。軽自動車の本質をこれほどまでに突き詰めたクルマは現状他にないからだ。

なにより驚いたのが先代より80kgも軽い610kgという超軽量設計。これはライバルのミラ・イース比で約100kg 、ワゴンR比で約150kgと圧倒的に軽い。アルトはもともと軽いクルマだったが、そこからさらにダイエットをするのは本当に難しかったはず。もちろん、高価なアルミなどは使っていないし、衝突安全性能も落としていない。純粋に設計の勝利である。

スズキ アルト
スズキ アルトスズキ アルト

当然、軽さは燃費に直結する。カタログ燃費はアクアと同じ37km/L (2WD・CVT車)であり、ハイブリッド車以外ではダントツのトップ。実用燃費も上々で、車載燃費計によればスムーズに流れている一般道なら30km/Lを狙えそうだ。それでいて価格は84.7万円~。エネルギー回生機構「エネチャージ」を除けばコスト高につながる技術をなにひとつ使っていないのが低価格の理由だ。

経済性の追求。これぞまさに軽自動車の本質である。ただ、優れた経済性だけではより広い室内スペースをもつワゴンRやタントの牙城を崩すのは難しい。その点、新型アルトには個性的なデザインが備わっている。かつてのスズキ車を思い起こさせる前と後ろのデザインは好き嫌いが分かれそうだが(僕は好き派)、 健康的なプロポーションと、サイドショルダー部の面の表情には軽自動車を超えた質感と存在感がある。なにより可愛すぎず甘すぎないのが男にとっては嬉しい。

軽さのもうひとつの恩恵が走りの楽しさだ。増すが圧倒的に小さい分、アクセルを踏んでもブレーキを踏ん でもステアリングを回しても、常に気持ちのいい軽快感を味わえる。インテリアがもう少し素敵だったらセカンドカーに欲しいなと思えるぐらいのクルマだった。

スズキ アルト

“ 最高の実用車”を目指し開発された、8代目となる新型アルト。「ガソリン車No.1の低燃費」という経済性や「大人4人がゆったり座れる室内空間」といった使いやすさに加え、デザイン面ではシンプルな美しさを追求した。グレードは4種類(F、L、S、X)、ボディカラーは7色から選べる。最上級のXグレードには、 バックドアをミディアムグレーに塗装した「2トーンバックドア」が設定されている。

スズキ アルト L 2WD CVT主要諸元

車両本体価格:¥894,240(消費税込) / 全長× 全幅× 全高(mm):3,395×1,475×1,475 / 車両重量:650kg / 定員:4人 / エンジン:水冷4 サイクル直列3気筒 / 総排気量:658cc / 最高出力:38kW(52ps)/6,500rpm / 最大トルク:63Nm(6.4kgm)/4,000rpm / JC08モード燃費:37.0㎞ /L / 駆動方式:前輪駆動

スズキ アルト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ アルト の関連記事

スズキ アルトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ アルト の関連記事をもっと見る

スズキ アルト の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28