autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京オートサロン2017 スバル、WRX S4のSTI Sport CONCEPTを東京オートサロン2017に展示【TAS2017】

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2017 特設ページ

チューニング・ドレスアップの総合展示会、東京オートサロン2017 特設ページ
モーターショー 2017/1/14 03:06

スバル、WRX S4のSTI Sport CONCEPTを東京オートサロン2017に展示【TAS2017】

スバル、WRX S4のSTI Sport CONCEPTを東京オートサロン2017に展示【TAS2017】

スバルのミドルステーションワゴンであるレヴォーグに昨年5月に追加されたSTIスポーツは、初期受注で全体の約四割を占めるほどの人気を集めている。

STIスポーツはスバルと、スバルのモータースポーツやチューニングパーツ開発などを手掛けるSTI(スバルテクニカインターナショナル)とのコラボレーションで、車高は変えずに手を加えたビルシュタイン製サスペンション、ステアリングギアボックスの取り付け剛性向上により操舵応答性を高める、エクステリアの細部の見直し、インテリアはSTIスポーツ専用のテーマカラーであるボルドーを採用するなど、全体にシックなスポーツモデルであることが特徴となっている。

また、STIスポーツはSTIのコンプリートカーであるtsやSシリーズと異なり、カタログモデルのレヴォーグと一緒に生産ラインで生産されるため、価格アップが比較的少ないことも人気となっている理由の1つだろう。

スバル WRX S4 STI スポーツコンセプト

東京オートサロンではレヴォーグの4ドアセダン的存在であるWRX S4のSTIスポーツを示唆する「WRX S4 STIスポーツコンセプト」が出展された。

「WRX S4 STIスポーツコンセプト」のベース車に対するチューニング内容は穴開きのドリルドブレーキローターやフレキシブルタワーバーといったSTIのスポーツパーツを装着しているが、全体的には車高はベース車と同じビルシュタイン製専用サスペンションやボルドーのインテリアなどレヴォーグのSTIスポーツに準じたものとなっている。

市販化の可能性に関しては「ショーでの反響次第」とのことであった。

レヴォーグSTIスポーツ-STIパフォーマンス‐は高い完成度を誇るレヴォーグSTIスポーツをSTI製パーツの装着により、さらにカッコよくかつ楽しいクルマに仕上げたモデルだ。

具体的に装着されるSTI製パーツは各種スポイラー、フレキシブルタワーバーやリアのサポートサブフレームといった剛性アップパーツ、マフラーといった市販済パーツに加え、参考出品のレカロシート、フロントのブレンボキャリパー&ドリルドローターなどとなっており、ショーカーと同じ仕様にするのは難しくとも、予算や不満点を明確にしてパーツを選べば、より自分に合ったレヴォーグを作れるに違いない。

[Text:永田恵一]

筆者: 永田 恵一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル WRX の関連記事

スバル WRXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル WRX の関連記事をもっと見る

スバル WRX の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/15~2017/12/15

東京オートサロン2017 美女図鑑