autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【新旧比較】「スバル WRX STI」の新型と旧型を比較してみた/マリオ高野 2ページ目

特別企画 2014/9/29 19:24

【新旧比較】「スバル WRX STI」の新型と旧型を比較してみた/マリオ高野(2/4)

【新旧比較】「スバル WRX STI」の新型と旧型を比較してみた/マリオ高野

動力性能

スバル 新型WRX STIスバル 先代インプレッサ WRX STI SpecC

WRX STIに搭載されるEJ20型エンジンは先代モデルからのキャリーオーバーで、ハードウェア的にはまったく同じもの。ECU制御の緻密化により、アクセル踏み込み量25%で、先代モデルの50%を越える加速度を発揮している。

これにより、スロットルレスポンスの鋭敏化と加速の軽快感が高まっているが、その一方で、この特性を「アクセルを少し踏んだだけでガバッとスロットルが開く特性は、繊細なコントロール性に欠ける」と評されることもあり、必ずしもすべてのユーザーに歓迎されているわけではない。

EJ20エンジンは、新型WRX STIとエクシーガの一部のグレードに搭載されるのみとなり、いよいよ最終進化版となった。

WRX STIの6MTはメインロッドに追加されたディテントとギアスプリングなど細部のチューニングを見直すことにより、シフト操作フィーリングが劇的に向上。掛け値なしに欧州車の高性能車に匹敵、あるいは凌駕する感触となった。

WRX S4のパワートレーンはレヴォーグ2.0と同じもので、動力性能、実用性ともに不満はないが、WRXならではの特別感が欲しかったところだ。

進化度数:3点/10点(比べてようやく気付くレベル)

走行安定性

スバル 新型WRX STIスバル 先代インプレッサ WRX STI SpecC

新型WRXとレヴォーグの開発において、革新的な高剛性ボディ作りを実現したことにより、サスペンションの性能が大幅に進化。新旧のもっとも大きな違いは、操縦安定性のレベルにある。

具体的にはリアの安定性を劇的に向上させながら、フロントの舵の効きを鋭敏にするという、相反する性能を高い次元で両立させた。新型に乗ったあとに先代モデルに乗ると、衝撃的なまでにリアサスペンションの限界性能の格差は大きく感じられる。ニュルブルクリンク24時間レース参戦によるフィードバックが活かされており、モータースポーツとの強い関わりが感じられる部分がココだ。

WRX STIはステアリングフィールを重視して電動パワステではなく油圧パワステを採用。切れ味の鋭い刃物を繊細に扱う緻密な操作が味わえるが、欧州の競合車は電動パワステでも極めて繊細なステアリングフィールを実現しているので、この点に関しては国際的には遅れているとの指摘もできる。

WRX S4の電動パワステはフィーリング面でも不満はなく、鉄壁の安定感を伴いながらドライバーの意志通りに曲がる快感を満喫でき、長距離・長時間のドライブでも飽きが来ることはない。

進化度数:10点/10点(超絶的に進化した)

スバル 新型WRX STIスバル 新型WRX STIスバル 新型WRX STIスバル 新型WRX S4スバル 先代インプレッサ WRX STI SpecCスバル 先代インプレッサ WRX STI SpecC

スバル WRX 関連ページ

スバル インプレッサSTI 関連ページ

スバル インプレッサG4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル WRX の関連記事

スバル WRXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル WRX の関連記事をもっと見る

スバル WRX の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25