autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート あの硬派なスポーツセダンが上質なインテリアを纏った!“500台限定”スバル WRX特別仕様車「スポルヴィータ」へ試乗 2ページ目

試乗レポート 2016/1/1 18:12

あの硬派なスポーツセダンが上質なインテリアを纏った!“500台限定”スバル WRX特別仕様車「スポルヴィータ」へ試乗(2/3)

関連: スバル WRX Text: 山本 シンヤ Photo: 阿部昌也
あの硬派なスポーツセダンが上質なインテリアを纏った!“500台限定”スバル WRX特別仕様車「スポルヴィータ」へ試乗

目指すは世界!スポーツセダン活性化のため、S4をシッカリ育てる

スバル WRX S4 SporVita(スポルヴィータ)スバル WRX S4 SporVita(スポルヴィータ)

販売は発売当初はWRX STIの人気が高かったが、今はWRX S4が多くの割合を占めている。更には輸入車からの乗り換えが予想以上に多いそうで、その数に販売拠点はもちろん開発陣も驚いたそうだ。

実は「誰が持っても高性能を感じやすい」、「ハイスペックなのに乗りやすい」と言う日本車は意外と少ない。更に安全装備やプライスなども含め、ユーザーに高く評価された証拠とも言えるだろう。

ただ、ライバルを見るとまだまだ上がいるのも事実だ。

もはや日本車にはライバルは不在で、世界と戦う必要がある。そこは開発陣もよく理解しているようで、開発責任者の高津益夫氏は「このカテゴリーを活性化するためには、スポーツセダンをもっと知ってもらう必要があります。そのためにはS4をシッカリ育てる必要がある」と語っている。

まさかWRXの記事で「インテリアが一番の特徴」と書くとは…

スバル WRX S4 SporVita(スポルヴィータ)

そんな中、東京モーターショーで発表されたのが、WRX S4の特別仕様車「スポルヴィータ」だ。ちなみにスポルヴィータはイタリア語のSportiva(スポーツ)とVita(人生)を組み合わせた造語である。

関連記事:スバル、「WRX S4」と「レガシィB4」に伊・トリノの老舗革メーカーとコラボしたモデル『SporVita』を出展【TMS2015】

開発コンセプトはWRXの魅力を更に引き上げる「大人のスポーツセダン」だ。

スバル WRX S4 SporVita(スポルヴィータ)スバル WRX S4 SporVita(スポルヴィータ)

注目はイタリアの老舗革メーカー「マリオレヴィ社」とのコラボレーションによるインテリアである。まさかWRXの記事で「インテリアが一番の特徴」と書くとは夢にも思わなかった(笑)。

鮮やかなタン&ブラックの2トーンカラーでコーディネイトされたレザーシート、シートに合わせてコーディネイトされたトリムやステッチ、インパネ周りのピアノブラックの加飾パネルなどにより、WRXのスポーティさにモダンな印象がプラス。現行モデルで質感は上がったものの、どこかビジネスライクに感じていたインパネ周りの雰囲気も良くなっている。

日本のスポーツモデル=スポーティな黒内装という風潮が強いが、色使いで質感や雰囲気もアップする証拠だ。

スバル WRX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル WRX の関連記事

スバル WRXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル WRX の関連記事をもっと見る

スバル WRX の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24