autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート あの硬派なスポーツセダンが上質なインテリアを纏った!“500台限定”スバル WRX特別仕様車「スポルヴィータ」へ試乗

試乗レポート 2016/1/1 18:12

あの硬派なスポーツセダンが上質なインテリアを纏った!“500台限定”スバル WRX特別仕様車「スポルヴィータ」へ試乗(1/3)

関連: スバル WRX Text: 山本 シンヤ Photo: 阿部昌也
あの硬派なスポーツセダンが上質なインテリアを纏った!“500台限定”スバル WRX特別仕様車「スポルヴィータ」へ試乗

環境性能や内外装の質感にこだわった500台限定の特別仕様車

スバル WRX S4 SporVita(スポルヴィータ)

2014年に登場した新型WRXは、インプレッサWRXから数えると4代目のモデルとなる。

スバルの「走りのフラッグシップ」という立ち位置は変わらないものの、超熟の高回転型ボクサー「EJ20ターボ」と「6速MT」を搭載した、モータースポーツ直系のスポーツセダン「WRX STI」に加えて、新たに「WRX S4」をラインナップ。

WRX S4は歴代WRXが築きあげてきた運動性能をキープしながらも、歴代WRXが最も苦手としてきた環境性能/燃費性能、快適性能、そして内外装の質感までこだわった「新時代のスポーツセダン」と言う位置づけである。

「WRXだから…」と我慢していたインテリアデザインに手を加えた

スバル WRX S4 SporVita(スポルヴィータ)スバル WRX S4 SporVita(スポルヴィータ)

パワートレインは次世代ボクサーである2L直噴ターボ「DIT」に、高トルク対応でダイレクト&レスポンスに優れる変速特性「スポーツリニアトロニック」の組み合わせだ。

WRX STIと一切変わらないねじれ剛性40%以上アップ、曲げ剛性30%以上のアップの軽量高剛性ボディに、ステアリングレスポンス/リアグリップ/フラットライドがテーマのシャシーはWRX STIと同じアイテムが奢られる。サスペンションは走りと快適性を高いレベルで両立させるWRX S4専用のセットアップとなっている。

エクステリアはスポーツモデルらしい力強い表情ながらも、WRXの伝統のフェンダー処理や控えめなリップスポイラーはスマートな印象だ。

インテリアはこれまで「WRXだから…」ということで我慢していたデザインや雰囲気造りはもちろん、快適性や静粛性などにも今まで以上に気を使っている。

更にスバル先進安全支援システムのアイサイト(バージョン3)や先進機能をパッケージ化したアドバンスドセイフティパッケージなど「走りを極めると安全になる」という世界トップレベルのアクティブ&パッシブセイフティと相まって鉄壁の安全性を実現している。まさに“鬼に金棒”の一台だ。

スバル WRX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル WRX の関連記事

スバル WRXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル WRX の関連記事をもっと見る

スバル WRX の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18