autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ドイツ車のような乗り味がさらに高まった!スバル WRX S4(アプライドB型)試乗レポート

試乗レポート 2015/7/17 18:08

ドイツ車のような乗り味がさらに高まった!スバル WRX S4(アプライドB型)試乗レポート(1/3)

関連: スバル WRX Text: マリオ 高野 Photo: 和田清志
ドイツ車のような乗り味がさらに高まった!スバル WRX S4(アプライドB型)試乗レポート

早くも改良!アプライドB型は「顧客層に合わせた味付けの微修正」

自動車ライターのマリオ高野さん

「年次改良」を受け、アプライドB型となったWRXシリーズ。その詳細については、『“スバリスト視点”で見る新型「WRX S4・STI」徹底解説』にて解説しておりますが、WRX S4のサスペンションのセッティングの変更と静粛性の向上は、想像以上に大きなものでありました。

スバルに限らず、どんなクルマも改良やマイナーチェンジなどで年々進化していくものなので、自分の買ったクルマが旧型になってしまう(心情的に)ことは避けられない宿命ですが、最近のスバル車は特に「年次改良の内容の濃厚化」が著しい傾向にあります。デビューして1年足らずのクルマとしては、ちょっとビックリ級の変化です。

スバル WRX S4(アプライドB型) 2.0GT-S EyeSight [ボディカラー:アイスシルバー・メタリック/インテリアカラー:ブラック]

私自身も、初代WRXの時代から「自分の買ったクルマが毎年進化し過ぎる辛さ」をガッツリ経験しておりますが、従来型オーナーさんの心中は穏やかではないでしょう。

『買ってからまだ1年も経ってないのに!?』

そんな悲鳴が聞こえてきそうです。

しかし、今回のWRXシリーズの年次改良は、「従来型がダメだったから変えた」のではないので安心してください。従来型オーナーさんへの配慮や気休め、あるいはスバルを擁護したいからそう言うのではありません。従来型は従来型ですでに完成度は高く、あくまでWRX S4のGTグレードを中心に「顧客層に合わせた味付けの微修正」を狙ったものなのです。

話は矛盾しますが、「ビックリするほど変わった部分もあるけど、従来型オーナーは心配ご無用」というのが結論です。

変更内容のおさらい

スバル WRX S4(アプライドB型) 2.0GT-S EyeSight [ボディカラー:アイスシルバー・メタリック/インテリアカラー:ブラック]スバル WRX S4(アプライドB型) 2.0GT-S EyeSight [ボディカラー:アイスシルバー・メタリック/インテリアカラー:ブラック]

あらためて、今回のWRXシリーズの変更内容を簡単にまとめると、

・WRX S4のGT-Sに幅広245タイヤをオプション設定(専用サスチューン付き)

・WRX S4のGTのカヤバ製ダンパーの動きをよりしなやかに

・静粛性の向上(WRX S4全車)

・サンルーフの設定を追加(WRX S4のGT-S)

・アドバンスドセイフティパッケージの設定を追加(全車)

となりますが、ここではWRX S4の乗り味面での劇的な変更ポイントに注目です。

スバル WRX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル WRX の関連記事

スバル WRXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル WRX の関連記事をもっと見る

スバル WRX の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28