autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル プラグイン ステラ 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/8/31 17:08

スバル プラグイン ステラ 試乗レポート(2/4)

関連: スバル ステラ Text: 松下 宏 Photo: オートックワン編集部
スバル プラグイン ステラ 試乗レポート

シティコミューターとしてのEV

スバル プラグイン ステラ
スバル プラグイン ステラスバル プラグイン ステラ

スバルでは軽自動車のR1をベースにR1eという電気自動車を作って試験を重ねてきたが、今回これを実用化するに当たってはステラをベースに電気自動車化する道を選んでいる。

R1でもステラでもプラットホームの部分は基本的に変わらないが、ステラの方が居住空間などスペース的に有利になるため、これをベースに電気自動車を作っている。

三菱も軽自動車のiをベースにi-MiEVを作ったことからも分かるよう、すぐに大きな重要が見込めるとは限らない電気自動車のために、ゼロからプラットホームを作るのはリスクが大きいし、電気自動車として仕上げるのに時間もお金もかかるというのがスバルや三菱の判断で、既存車をベースにした電気自動車作りがなされている。

プラグイン ステラでは、エンジンルーム内に電気モーターを搭載してFF方式で駆動し、燃料タンクを搭載してあった後席の床下部分に電池を格納している。これは搭載場所こそ異なるが、i-MiEVでも同様の考え方で車両レイアウトを作っている。

これに対して日産では、電気自動車用の専用プラットホームを開発し、ボディもまた電気自動車のリーフ用に専用ボディを開発している。その意味で日産は熱心であるといえるが、これがうまくいくかどうかは一種のギャンブルといえなくもない。

また、スバルのプラグイン ステラでは、価格を抑えるために価格の高いリチウムイオン電池の搭載量を極力抑えた電気自動車に仕上げている。これに対してi-MiEVでは、一定の航続距離が見込める量の電池を搭載するという方針を採っている。

このため、プラグインステラの航続距離が90km程度と比較的短いのに対し、i-MiEVは10・15モードで160kmと2倍の航続距離を確保している。月間の平均走行距離が600km程度とされる軽自動車に置き換える電気自動車としてなら、80km程度でも十分といのうがプラグイン ステラの考え方だ。

スバル ステラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル ステラ の関連記事

スバル ステラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル ステラ の関連記事をもっと見る

スバル ステラ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21