スバル インプレッサハッチバックSTI スバル インプレッサ22B STi オーナーズミーティング

記事・レポート 特集 イベントレポート スバル インプレッサ22B STi オーナーズミーティング

スバル インプレッサ22B STi オーナーズミーティング (1/2)

スバル インプレッサ22B STi オーナーズミーティング

スバル インプレッサ22B STi オーナーズミーティング

スバル車史上もっとも誇り高きモデルとして、いまだ多くのスバリストたちから崇められている「インプレッサ 22B STi」のオーナーズミーティングが開催されました。

「インプレッサ 22B STi」は、1997年からWRC(世界ラリー選手権)に設定された「WRカー・カテゴリー」にスバルが投入したWRCワークスマシンのロードバージョンで、初代インプレッサをベースに2.2リッターのエンジンやブリスターフェンダーなどで武装したスペシャルモデル。

スバルのWRC黄金時代を象徴する存在として、1998年に500万円という高価格にて発売されましたが、限定400台がわずかの期間(一説によるとたったの2日間!)で完売した伝説の初代インプレッサ最強マシンであります。

そんな名車のオーナーたちですから、とにかくスバル車への情念の強さはハンパではありません。

古めのクルマの愛好家ゆえに、基本的には守旧派に属するスバリストといえますが、過去の栄光に浸っているばかりではなく、これからのスバル車のあるべき姿についての議論も活発です。

今回、22Bのオーナーたちが集まったのは岐阜県の名物ディーラー「中津スバル」。一見した限りではごく普通のスバルディーラーですが、ここには22Bの“新車”(!)をはじめ、インプレッサやレガシィのSシリーズ、スバル360やスバル1000、1300Gなどの往年の名車も全開走行可能な状態で保管されています。

22Bオーナーなど一部のスバリストからは「スバリスト第五の聖地」と呼ばれる極めて特殊な存在であり、スバリストにとっては垂涎の名車がゴロゴロ転がる、まさに夢のテーマパークのような奇跡のディーラーなのであります。

イベント当日の朝、8台の22Bが集まるとまずは同店にて「電気自動車勉強会」が始まりました。のっけから意外な展開です。同店が特別に用意したプラグインステラの技術的な解説を中心に、今後のスバルが生きる道について意見交換会が行われたのです。

R1/R2の販売は3月で終了。スバルの軽自動車自社開発からの完全撤退はいよいよ間近に迫りつつあり、スバリストとしては沈痛の極みです。