autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル レガシィS402ワゴン 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2009/2/10 11:18

スバル レガシィS402ワゴン 試乗レポート(3/4)

関連: スバル Text: 岡本 幸一郎 Photo: 吉澤 憲治(編集部)
スバル レガシィS402ワゴン 試乗レポート

その運動性能と乗り心地にSTIの極意を知る

18インチアルミホイール

専用のツインスクロールターボに専用ECU、吸排気システムを組み合わせた2.5Lボクサーエンジンは、最高出力285ps/5,600rpm、最大トルク40.0kgm/2,000-4,800rpmを発生。

このスペックは、アウトバック2.5XTに搭載される同じ2.5Lターボをだいぶ上まわる。とくに、2,000~4,800rpmという幅広い領域で最大トルクを発生する点に注目だ。実際、2,000~4,000rpmあたりは2Lよりもかなりトルクフルで、さらに踏み込めば、過給による盛り上がり感の加速を味わえる。2Lとは段違いの速さを体感させてくれる。

足まわりやメカニズムにも注目だ。専用チューニングを施したビルシュタインダンパーに、STI製スポーツスプリングを組み合わせ、タイヤも専用チューンのRE050Aを履く。リアサスリンクの要所をラバーブッシュからピロボールブッシュに変更したことも大きなポイント。さらに、評価の高いフレキシブルタワーバー/ロアアームバー/フロアバーを前後に装着している。やはりS402は、こうした影の部分こそ興味深い。

ブレーキも、フロント6ポット/リア2ポットの対向キャリパーを持つ高性能ブレーキシステムを与えるなど、向上した動力性能に相応しい制動力の確保を図っている。走ると、まずは拍子抜けするほど乗り心地がいい。そして、バネ下が軽く、よくストロークする足まわりのおかげで、路面とタイヤが常に最適にコンタクトしている感覚がある。

本領を発揮するのはハイスピードコーナリングだろう。グリップの限界を超えてもゆっくり流れ、動きが読みやすいので、まったく恐怖感を覚えることなくマシンコントロールできる。 懐の深いブレーキも、連続したハードブレーキでもネをあげることはなさそうだし、薄皮一枚のような操作にも的確に反応し、コントロール性にも優れる。

とにかく、ひとつひとつが極めてリニアに、丁寧に仕上げられているのだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル の関連記事

スバルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル の関連記事をもっと見る

スバル の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18