スバル レヴォーグ 組織の壁を越え誕生した仕立ての良さ

記事・レポート 特集 デザイナーズルーム 組織の壁を越え誕生した仕立ての良さ

【DESIGNER’S ROOM】スバル「レヴォーグ」デザイナーインタビュー/富士重工業株式会社 デザイン部 主査 チーフデザイナー 源田 哲朗 (6/8)

スバル レヴォーグ 車種情報

Text :
Photo:
オートックワン編集部・SUBARU
組織の壁を越え誕生した仕立ての良さ

コンセプトカーのイメージを受け継ぐボディカラー

AO:レヴォーグのボディカラーについての考えを聞かせてください。

G: 新色のスティールブルーグレーメタリックは、アドバンスド・ツアラー・コンセプトの色をキーイメージとして量産化したものです。クリスタルホワイトパールもレヴォーグから採用した新色です。人工パールを採用しました。天然パールに比べると粒子が揃っていて、白さと陰影の表情がキレイに出ます。さらにスポーツカーの色として、BRZと共通の赤(ライトニングレッド)と青(ギャラクシーブルーシリカ)も用意しました。ソリッドの赤は、かつてのレガシィ・ブリッツェンのような彩度の高さが特徴です。

ホイールもグレードごとに3色用意し、センターの六連星はブルーの表情を際立たせ立体感を強調し、ホイールの仕様によってスピンドル仕上げのシルバーとアクリルのブラックを使い分けています。

組織の壁を越え誕生した仕立ての良さ

AO:インテリアはどんなイメージで仕立てましたか。

G: おもてなしと品格、ひと目で分かる先進感と仕立ての良さをコンセプトとして表現しました。インパネを水平基調としたのは、スバルのお客様が期待する、安心・安全、信頼、視界の良さ、ということをデザインとして表現した結果です。

AO:上質感の演出が目立ちます。

G: 今回我々は「仕立ての良さ」にこだわったのですが、そもそも「仕立ての良さとは何か?」、そのためのモノサシ造りから始めました。その為に、PGMが陣頭指揮をとって「仕立て部会」という、「仕立ての良さ」を考える会を立ち上げました。

さまざまな部署の人間が集まって、1年以上、