autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム 【DESIGNER’S ROOM】スバル「レヴォーグ」デザイナーインタビュー/富士重工業株式会社 デザイン部 主査 チーフデザイナー 源田 哲朗 4ページ目

デザイナーズルーム 2014/8/22 17:24

【DESIGNER’S ROOM】スバル「レヴォーグ」デザイナーインタビュー/富士重工業株式会社 デザイン部 主査 チーフデザイナー 源田 哲朗(4/8)

関連: スバル レヴォーグ Text: 森口 将之 Photo: オートックワン編集部・SUBARU
【DESIGNER’S ROOM】スバル「レヴォーグ」デザイナーインタビュー/富士重工業株式会社 デザイン部 主査 チーフデザイナー 源田 哲朗

新世代スバルデザインを象徴するフロントフェイス

スバル レヴォーグ LEDヘッドランプのデザイン検討スケッチ案

AO:顔つきがかなり精悍ですね。

G:ヘッドランプの薄さが効いているのでしょう。ヘキサゴングリルとコの字型シグネチャーでのスバルアイデンティティを基軸に、薄くて眼力の強い、アスリートのような精悍な顔つきと機能の両立にこだわりました。この薄さを実現するためにウインカーを下に降ろしたのですが、これはワイド&ローな佇まいにも寄与しています。

また、ランプの下の線に段を付けた造形、私たちはホークアイと呼んでいるんですが、これもシグネチャーを強調し、立体的に見せるためのこだわりです。

スバル レヴォーグ 最終・エクステリア1/1モデル

AO:ボンネット上のインテークはやっぱり必要なんでしょうか。

G:インテークはインタークーラーの冷却効率を最大化し、燃費性能を上げワンタンク1000㎞を実現するため必要なのです。だから呼び方は、従来のパワーバルジではなく「エコスクープ」です。

SUVの「フォレスター」ではフード内にダクトを取り回して対処したんですが、レヴォーグはフードを下げているのでその方法は使えません。結果的に、高い目標性能とデザインを両立させて、レヴォーグらしさを上手く表現出来たのではないかと自負しています。

【DESIGNER’S ROOM】スバル「レヴォーグ」デザイナーインタビュー/富士重工業株式会社 デザイン部 主査 チーフデザイナー 源田 哲朗

AO:サイドビューで気になるのは、ウインドー下のモールがリアドアの位置で終わっていることなんですが。

G:サイドウインドーのモールを全周回すのは、ラグジュアリーなイメージが強いと判断しました。後端まで伸ばす検討なども行い、最終的にこの位置で止めましたが、残りの部分をピアノブラックで締めています。

[次ページへ続く]

スバル レヴォーグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レヴォーグ の関連記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23