autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】スバル レヴォーグ 公道試乗レポート/河口まなぶ 3ページ目

試乗レポート 2014/6/9 22:31

【試乗】スバル レヴォーグ 公道試乗レポート/河口まなぶ(3/4)

関連: スバル レヴォーグ Text: 河口 まなぶ Photo: 茂呂幸正
【試乗】スバル レヴォーグ 公道試乗レポート/河口まなぶ

欧州車と肩を並べる乗り味・走り味を実感

スバル レヴォーグ 公道試乗レポート/河口まなぶスバル レヴォーグ 公道試乗レポート/河口まなぶ

2.0GT-Sアイサイトのシャシーに関しての印象は、先に試乗した1.6GT-Sと同様。滑らかしなやかだけど張りのあるスポーティさを存分に感じさせるものである。つまりビルシュタイン社製ショックアブソーバーと18インチの組み合わせが、この乗り味・走り味をもたらしているのだろう。

実際、もてぎで試乗したプロトタイプからすれば、この味付けは非常に苦労しただろうと思える。おそらくはプロトタイプよりも乗り心地性能を高めながらも、安定性の高さやハンドリングのスポーティさを両立しなければならなかったはず。そうした様々な要件を満たすのが現時点でのセッティングだといえる。もっとも個人的には、もっとボディの動きを抑えてさらにフラットな感覚を望みたい。というのも現時点で既に欧州車を思わせる乗り味・走り味が垣間みられるだけに、それをさらに熟成させて…と欲張りになってしまうだけの可能性がこのシャシーには見えるからだ。

2.0リッターターボの強烈な走り、もはや「WRX」並み!

スバル 新型 レヴォーグ 2.0GT-S EyeSight[ボディカラー:スティールブルーグレー・メタリック] 試乗レポート/河口まなぶ 5スバル 新型 レヴォーグ 2.0GT-S EyeSight[ボディカラー:スティールブルーグレー・メタリック]

だが、それより何よりインパクト大!だったのがパワーユニット。最高出力300ps、最大トルク40.8kgmは数字からも分かるように、歴代のレガシィと比べても圧倒的なハイパワー…いやむしろ、WRX的な数値だ。

加えて2.0リッター搭載モデルでは、SIドライブにS#モードがある(1.6リッター搭載モデルではIとSのみ)ため、強烈な加速を味わえる。実際ワインディングでS#を押してみると…その乗り味はレガシィを超える洗練度ながら、走り味はWRXに近い痛快さを示したのだ。

そう、2.0GT-Sは、レヴォーグの中でのハイパフォーマンス担当。このモデルはかつてのレガシィのスポーツモデルに乗っていたオーナーすら驚愕させる実力があるモデルだ。

スバル 新型 レヴォーグ 2.0GT-S EyeSight[ボディカラー:スティールブルーグレー・メタリック] 試乗レポート/河口まなぶ 2

試乗前に、レヴォーグの開発責任者である熊谷氏は「ワゴンとは思えない走り」を強調されていたが、それを痛感するのがこの2.0GT-Sだといえる。

そんな風に、1.6と2.0の2台のGT-Sを走らせてみて、なるほどレヴォーグの世界観とは欧州のスポーツセダンを彷彿とさせるもの…と思えた。

が、しかし! 最後の最後に乗った1.6GTに、驚きの味わいが残されていたのだった。

[次ページへ続く]

スバル レヴォーグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レヴォーグ の関連記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21