autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】スバル レヴォーグ 公道試乗レポート/河口まなぶ 2ページ目

試乗レポート 2014/6/9 22:31

【試乗】スバル レヴォーグ 公道試乗レポート/河口まなぶ(2/4)

関連: スバル レヴォーグ Text: 河口 まなぶ Photo: 茂呂幸正
【試乗】スバル レヴォーグ 公道試乗レポート/河口まなぶ

レヴォーグは1.6リッターこそ主役だ!

スバル 新型 レヴォーグ 1.6GT-S EyeSightスバル 新型 レヴォーグ 1.6GT EyeSight インテリア

それにしても、新開発となる1.6リッター直噴ボクサー・ターボの好印象なこと! 前時代的なヒエラルキーならば、今回のレヴォーグのラインナップにおいて1.6リッターと2.0リッターの2種類のターボがある、と聞けば誰もが「1.6は廉価版」と考えただろう。

しかし断言しよう、今回は“1.6リッターこそが主役だ”と。そんな風に自信を持って記せるほどに好印象だった。

では、なにが好印象かといえば、まず動力性能的に申し分ない、ということ。最高出力170ps、最大トルク250N・mという数字以上に“走るな”と思える。おそらくリニアトロニックのデキも手伝ってだろう、日常使いではアクセルを大きく開けずに全てが事足りてしまう。

ただの生活の道具とは違う、スバル車ならではの愉しい走りを実現

スバル 新型 レヴォーグ 1.6GT-S EyeSight[ボディカラー:ライトニングレッド] 試乗レポート/河口まなぶ 12

それでいてワインディングで踏み込めば、スバルのターボらしい頼もしさと力強さを存分に味併せてくれる。SIドライブをSモードにすれば、軽快なハンドリングとパワフルなエンジン、そしてAWDの安定感で“ただの生活の道具とは一線を画す”愉しい走りを味併せてくれるのがスバルらしい部分だ。

1.6リッターならではの燃費性能の良さを実現しながらも、走りの部分では決して妥協しないスバルらしさを実現し、さらにこれまでにない軽やかながら安定したスポーティな走り…といった具合で、1.6GT-Sは、まさに新世代のスバルを代表するモデルだと思えた。

しかし・・・2.0リッターのインパクトにも驚いた!

スバル 新型 レヴォーグ 2.0GT-S EyeSight[ボディカラー:スティールブルーグレー・メタリック] 試乗レポート/河口まなぶ 3

しかし! 直後に乗った2.0GT-Sアイサイトは、さらに超強烈なインパクトを僕に与えた。

[次ページへ続く]

スバル レヴォーグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レヴォーグ の関連記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21