autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル レヴォーグ(LEVORG)試乗レポート/九島辰也 2ページ目

試乗レポート 2014/1/22 00:00

スバル レヴォーグ(LEVORG)試乗レポート/九島辰也(2/2)

関連: スバル レヴォーグ Text: 九島 辰也 Photo: 茂呂幸正
スバル レヴォーグ(LEVORG)試乗レポート/九島辰也

300psのレヴォーグの挙動は、レガシィよりも「インプレッサ」を想起させる

スバル レヴォーグ(LEVORG)試乗走行イメージ
スバル レヴォーグ(LEVORG)試乗走行イメージスバル レヴォーグ(LEVORG)試乗走行イメージ

それでは早速、実際にレヴォーグに試乗した印象をお伝えしよう。

最初にドライバーズシートに座ったのは2リッターモデル。試乗ルートは、会場となったツインリンクもてぎの本コースと外周路をまわる。本コースといってもクルマはプロトタイプなので、速度制限は設けられている。

走り出して先ず感じたのは、ボディ剛性の高さだ。

フロアパネルをメインとしたシャシーフレームはインプレッサをベースとするが、かなり補強されているのがわかる。ステアリングの操舵に対する“カタマリ感“は強く、より小さなクルマのような挙動を見せる。例えるなら、5ドアホットハッチのような反応だ。

これは4,700mmを切った全長、もっといえば2,650mmというホイールベースとも関係する。つまり、頭ではレガシィに近い乗り物と分類しているが、その挙動はインプレッサを思い起こさせるからだ。それがいいとかワルいとかではなく、そう感じる。

スバル レヴォーグ(LEVORG)を試乗する九島辰也氏

300psというエンジンパワーも、このクルマのウリであることは間違いない。

発進時もそうだが、中間加速での動きはかなり頼もしい。1.6リッターエンジンもそうだが、トルクカーブがフラットなため劇的な加速感は得られないが、グイグイと前へ突き進む力強さはこの上ない。速度制限がなければ、最高速テストでもしたいほどである。

また、そんな性格のためCVTにありがちな急なアクセルオンに対する一拍おいた反応がない。トルコン式に近いレスポンスでパワーを足に伝えてくれる。これならCVTでもいいかな、という感想だ。

レヴォーグの1.6リッターモデルも、スバル“らしい”スポーツマインドの高さを感じる

スバル レヴォーグ(LEVORG)試乗走行イメージスバル レヴォーグ(LEVORG)試乗走行イメージ

では、話を1.6リッターモデルに移そう。

レヴォーグのボリュームゾーンとなるのは、こちらのモデルだ。すでに販売は7:3の比率で1.6リッターが売れているという。しかも、豪華装備の“S”が一番人気だそうだ。

このモデルの試乗は、外周路のみとなった。一般道と同じ条件下でどう走るかという意図だ。結論から言うと、発進こそ2リッターを試乗した直後なので多少もたつくように感じられたが、それ以外はじつに気持ちよく走った。

当然、高速域には達してはいないが、走る、止まる、曲がるの動きで“スバルらしさ”を含め高い領域で仕上がっている。スッとステアリングを切ったときのニュートラルステアもいい。フィールのあるラック&ピニオン式のステアリング調整も好印象である。

試乗前のプレゼンテーションでは2リッターはスポーツに、1.6リッターは燃費走行に振ったと説明していたが、それは謙遜だろう。後者もまた、スポーツマインドを持ち合わせているのは確かである。

乗り心地は全体的にフラットだが、路面の段差のこなしが多少ダイレクトに感じられる場面があった。この辺のセッティングは最終段階なのだろうが、最後の煮詰めが必要かもしれない。現行レガシィに通じるしなやかな部分が追加されるとうれしい。

スバル レヴォーグ(LEVORG)ラゲッジアレンジスバル レヴォーグ(LEVORG)インパネ

そんなレヴォーグ プロトタイプの試乗であったが、走り以外にも語るべきポイントはいくつかある。剛性を残しながら鉄板を薄くして開口部を広くした荷室は立派で、クラストップレベルを確保したスペースもまた賞賛に値する。

それに、デザインも強すぎないレベルの個性をうまく主張している。カメラマンもいっていたが、かなりそそる顔つきだ。

ただし、インテリアデザインについてはもう少しがんばってもらいたい気がする。これは歴代レガシィにもいえることだが、メーター周りなど平凡すぎるからだ。特にレヴォーグは顔の主張があるのだから、そことのバランスを考えてももっとエッジを効かせてよかったのではないかと思える。

いい忘れたが、今回アイサイトがバージョン3にアップグレードされているのも見逃せない。ステレオカメラの性能が上がり、角度が広がり距離がのびた。これで安全性はより高まったことになる。また、アクティブレーンキープといった車線逸脱制御も備える。ドライバーが意図しない車線変更をクルマ側がステアリングを切って戻すものだ。

細かいところまで言えば切りがないが、総合的にとらえレヴォーグは期待した範疇にしっかりおさまっている。その意味からも発売開始が待ち遠しい。次のレヴォーグ試乗は、高速道も使って遠出したいと思わせる一台である。

スバル レヴォーグ(LEVORG)ステアリングスバル レヴォーグ(LEVORG)メータースバル レヴォーグ(LEVORG)センターコンソール・シフトノブスバル レヴォーグ(LEVORG)フロントシートスバル レヴォーグ(LEVORG)リアシート
筆者: 九島 辰也

スバル レヴォーグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レヴォーグ の関連記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23