autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 “スバル好き”視点から見るスバル レヴォーグ 新型車解説(中編)/マリオ高野 2ページ目

新型車解説 2014/5/8 17:42

“スバル好き”視点から見るスバル レヴォーグ 新型車解説(中編)/マリオ高野(2/4)

“スバル好き”視点から見るスバル レヴォーグ 新型車解説(中編)/マリオ高野

スポーツリニアトロニックは“ガチMT派”によって造られていた!

画像はマリオ氏の愛車、スバル インプレッサ G4 1.6i(5MT)のマニュアルシフト。レヴォーグではMTの設定がありません。スバル レヴォーグ 2.0GT/ステアリングスイッチで操作可能な「SI DRIVE」

また、レヴォーグはミッションについても従来のスバル車から大きく踏み出した技術的な取り組みが見られます。

マリオ高野個人として、レヴォーグにおける唯一にして最大の不満要素は「MT」の設定がないことなのですが、そんなMT派のドライバーの不満を可能な限り払拭するための創意工夫を凝らしたのが、2.0DITに組み合わされる新しい「スポーツリニアトロニック」です。

聞けば、レヴォーグのミッション開発を担当した、スバルのトランスミッション設計部の主査である関谷雄一氏をはじめ、スバルのミッション開発スタッフはMT派ばかりで、プライベートカーはすべてMTを所有しているとのこと!(笑)

作り手自身が“ガチのMT派”であり、「MT好きの人でも満足できるCVTが作りたい!」との強い思いが注がれて完成したのがスポーツリニアトロニックなのです。

レヴォーグの2.0DITには従来のスバルのターボグレードと同じくSIドライブによる3種類のモード設定が用意され、もっともホットなS♯には「8速マニュアルモード」が備わることは同じですが、これまでよりもクロスレシオとし変速速度を高めることで、CVTとは思えないメリハリのある段付き感を生み出しています。

スバル レヴォーグ 走行イメージ2

具体的には、コーナーの手前で減速しながらギアを落とす際に、バン!バン!バン!とGTマシンのシーケンシャルミッションのような感じでギアを落とす行為が実感でき、加速でのシフトアップ時にはデュアルクラッチ式のミッションのようなスムーズでメリハリ感ある変速が得られるのです。

アクセルをベタ踏みにした全開加速では、CVTらしく効率の良い回転域を探し出してしまうので、このメリハリ感はあまり出ないのですが、峠道のコーナーのようにアクセルのオンオフ操作が激しい場面では、CVTらしからぬダイレクト感とメリハリのある変速フィールが得られ、MT派のドライバーをして「これなら許せる!」と納得させることができるのです。

ミッションのケース剛性が高められているせいか、パワートレーン全体がよりガチッとした感触もあり、従来のスバル車とは一線を画す格上感を感じました。

1.6リッターに組み合わされるリニアトロニックも、もちろん従来品の流用ではなくDIT専用品。ミッションオイルの抵抗を減らしたり、ケースの肉厚化や補強などでCVT特有のチェーン作動音を減らすなど、静粛性アップにも貢献しています。

1.6DITのSIドライブはSとIの2モードですが、Sモードではホットなドライバーの運転に対応するための制御が煮詰められているなど、燃費や静粛性以外のスポーツ性でも従来のリニアトロニックとは大幅に異なる仕様となっているのです。

このように、レヴォーグのパワートレーンは、馬力などの表面的なカタログスペックだけをみると新しさが少ないように感じてしまう難点がありますが、実は詳しく見ていくとブランニューモデルらしく新しいテクノロジーが盛りだくさんとなっています。

レヴォーグは、諸元表をサラッとみて判断することだけは絶対に避けるべきクルマなのです。レヴォーグを上辺だけで判断してしまったとしたら、それは人生の損失であると言わざるを得ません。

スバル レヴォーグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レヴォーグ の関連記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21