autoc-one.jp 記事・レポート 特集 ベストバイカー 2009年上半期ベスト・バイ・カー【国産車】/金子浩久

ベストバイカー 2009/7/7 12:00

2009年上半期ベスト・バイ・カー【国産車】/金子浩久

関連: スバル レガシィツーリングワゴン , スバル インプレッサハッチバックSTI , 三菱 アイ Text: 金子 浩久 Photo: 富士重工業(株)/三菱自動車(株)/原田淳/小平寛/菊池一弥
2009年上半期ベスト・バイ・カー【国産車】/金子浩久

トータルベストカー/スバル レガシィ

スバル レガシィ
スバル レガシィツーリングワゴンスバル レガシィB4

フロントマスクやDピラーなど、これまでのレガシィの視覚的な特徴をあえて捨て去り、新機軸を打ち出してきた。慣れるのには少し時間が掛かるかもしれない。

山梨県の河口湖と勝沼周辺を走るコースが設定されたメディア試乗会での印象は、走りっぷりは快適かつ上質に向上しながらも、スバルらしいダイレクトな運転感覚を失っておらず、好印象を得た。

2.5リッター、2.5リッターターボ、3.6リッターと、3種類のエンジンに「ツーリングワゴン」とその腰高版の「アウトバック」、4ドアセダン「B4」が組み合わされる。

2.5リッターのアウトバックと2.5リッターターボのツーリングワゴンがバランス的に優れているように感じた。

改めて長距離を乗ってみたい。

ベストドライビングカー/スバル インプレッサ WRX STI A-Line

スバル インプレッサWRX STI A-Line
スバル インプレッサWRX STI A-Line ロゴスバル インプレッサWRX STI A-Line フロントスタイリング

スバル インプレッサ WRX STIA-Lineと日産 GT-R specVは、お互いに相似形を形成している。

絶対的なパフォーマンスこそエンジン排気量が大きく、各部分に専用設計が施されているGT-R specVが上回るが、ターボ過給されたエンジンかつ4輪で駆動するという構成は共通している。

異なるのは、専用ボディを持つ点とオートマチックトランスミッションの形式違い。

GT-R specVがスタンダードのGT-Rから60kg軽量化したと言われても、公道上ではその違いは簡単には体感できない。それだけスタンダード版がスゴ過ぎる。

それに対して、インプレッサ WRX STI A-Lineは速さが手のうちにある。

カタチこそ勇ましいが、構えることもない。全然違う2台だが、どこか似ている。

ベストデザインカー/三菱 i-MiEV

三菱 i-Miev フロントスタイリング
三菱 i-Miev リアビュー三菱 i-MiEV

三菱 i-MiEVは、“有言実行”のデザインだ。

ベースとなった「i」が、革新的なミッドシップ・エンジンレイアウトとパッケージングを採用した理由は、i-MiEVのためにあったのか!

iは優れたハンドリングと乗り心地、取り回しの良さで軽自動車として例外的な存在だったが、それらの長所はすべてi-MiEVを実現するためでもあったのだ。

三菱の深謀遠慮ぶりが実を結んだわけだ。

i-MiEVよりも前に製品化されたクルマの中には、同じような電気自動車化を謳ったものもあったが、いまだに陽の目を見ていないものもある。i-MiEVのあのカタチには、強い必然性があるのだ。

筆者: 金子 浩久

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

スバル インプレッサハッチバックSTI 関連ページ

三菱 アイ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事

スバル レガシィツーリングワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事をもっと見る

スバル レガシィツーリングワゴン の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28